V・チャレンジリーグⅠ女子 2015/16 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
660
[開催日]
2016/01/31
[会場]
黒部市総合体育センター
[観客数]
1,320
[開始時間]
14:15
[終了時間]
15:38
[試合時間]
1:23
[主審]
紙井 ひとみ
[副審]
波塚 彰優

KUROBEアクアフェアリーズ

監督: 米山 弘
コーチ: 大段 淳義
通算ポイント: 18
通算: 6勝9敗
0

ポイント
0
22 第1セット
【0:26】
25 3

ポイント
3
22 第2セット
【0:27】
25
17 第3セット
【0:24】
25
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

JAぎふリオレーナ

監督: 椿本 真恵
コーチ: 皆川 佳介
通算ポイント: 26
通算: 9勝6敗

( )内は交代選手

監督コメント

 絶対に負けられないという気持ちが空回りしていた様に感じました。しっか調整し、来週に向けて準備していきたいと思います。
 ご声援ありがとうございました。

22 古屋
(吉川)
平谷
()
岡部
()

()
25

(厨子)
丸山
()
廣瀬
()
田代
(中村(愛))
和才
(太田)
倉見
()
中村(早)
()
佐々原
()
駒井 リベロ 塚本 (樋口)
22 古屋
(大盛)
平谷
()
岡部
()

()
25

()
丸山
(和才)
廣瀬
()
田代
()
太田
()
倉見
(宮城)
中村(早)
()
佐々原
()
駒井 リベロ 塚本 (樋口)
17 平谷
()
和才
()
岡部
()

()
25
宮城
()
古屋
()
廣瀬
()
田代
()

()
太田
(柏木)
中村(早)
()
佐々原
()
駒井 リベロ 塚本 (樋口)

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 今日は、試合前の練習から集中した練習ができ、ゲームに向けて準備がしっかり出来ていたと思います。そのかいもあり今日の試合に勝つことができたと思います。次に向けてまた練習し、上位を目指したいと思います。今日も小さな子供さんたちの応援が本当に力になりました。ありがとうございました。

要約レポート

 第2レグを8勝6敗で勝ち越して3位につけるJAぎふリオレーナと、前日首位JTにフルセットの熱戦を演じた5位KUROBEアクアフェアリーズの第3レグ初戦。お互いに勝ち星を挙げて、リーグ終盤戦につなげたい一戦である。
 第1セット、序盤ミスで失点するKUROBEに対し、JAぎふはセンター田代とレフト岡部を中心とした攻撃で着実に得点し、13-5とリードする。KUROBEは選手交代でリズムを変え12-14まで追い上げるが、中盤もミスで失点を重ね、そのままJAぎふが先取する。
 第2セットもミスで流れに乗れないKUROBEに対し、JAぎふはつないだボールを中村(早)、佐々原、岡部のウィングスパイカー陣を中心とした攻撃で着実に得点を重ね、22-13と大きくリードする。ここから、KUROBEは平谷のレフトからの攻撃などで盛り返し2点差まで詰め寄るが、最後はJAぎふがスパイクを決め、2セットを連取する。
 第3セット、JAぎふがサーブでKUROBEを崩し、田代、廣瀬の移動攻撃や速攻などで得点し、13-7と大きくリードする。中盤、KUROBEは南のブロックポイントや新人・柏木の攻撃などで流れをつかみかけるが、サーブミスやネットタッチで失点し流れに乗れない。終盤、JAぎふがKUROBEのレフト中心の単調な攻撃にブロックポイントを奪い突き放し、最後は中村の攻撃が決まって、ストレートで勝利を収めた。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 沖田 直久