V・チャレンジリーグⅠ女子 2015/16 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
646
[開催日]
2016/01/17
[会場]
柏市中央体育館
[観客数]
550
[開始時間]
14:00
[終了時間]
16:00
[試合時間]
2:00
[主審]
中西 幸治
[副審]
山内 大右

柏エンゼルクロス

監督: 岩下 忠正
コーチ: 飯田 功也
通算ポイント: 5
通算: 1勝12敗
2

ポイント
1
20 第1セット
【0:22】
25 3

ポイント
2
25 第2セット
【0:28】
20
25 第3セット
【0:25】
15
9 第4セット
【0:20】
25
9 第5セット
【0:13】
15

【 】内はセット時間

フォレストリーヴズ熊本

監督: 中島 裕二
コーチ:
通算ポイント: 9
通算: 3勝8敗

( )内は交代選手

監督コメント

 第4セット以降、サーブレシーブを崩されてしまい、流れをつかめなかった。また、ラリー中のつなぎも精度が悪くなり連続失点となってしまった。しっかり反省し、再来週のゲームに臨みます。
 2日間ご声援いただき、本当にありがとうございました。

20 小清水
()
江森
()
福田
()
武次
()
25
竹本
()
河野
(萩原)
山形
()
和多
()
石川
(田村)
高桑
()
川口
()
矢城
(酢田)
鶴ヶ崎 リベロ 佐藤
25 小清水
()
江森
()
福田
()
武次
()
20
竹本
(黒木)
萩原
()
山形
(吉岡)
和多
(斉藤)
石川
(清水)
高桑
(田村)
川口
()
矢城
(酢田)
鶴ヶ崎 リベロ 佐藤
25 小清水
()
江森
()
福田
()
武次
()
15
竹本
()
萩原
()
山形
(吉岡)
和多
(斉藤)
清水
(座安)
高桑
()
川口
()
矢城
(酢田)
鶴ヶ崎 リベロ 佐藤
9 小清水
(原田)
江森
(石川)
福田
()
武次
()
25
竹本
()
萩原
()
山形
()
和多
()
清水
()
高桑
()
川口
()
矢城
()
鶴ヶ崎 リベロ 佐藤
9 小清水
()
江森
()
福田
()
武次
()
15
竹本
()
萩原
()
山形
()
和多
()
清水
()
高桑
()
川口
()
矢城
()
鶴ヶ崎 リベロ 佐藤

監督コメント

絶対負けたくない試合で、全員で1つになって戦うことの大切さを一番感じた。人任せになっていたり、1人でも気持ちが欠けていたら戦えないと思う。今日の反省もしっかりし、次の試合に挑みます。今日もたくさんの応援本当にありがとうございました。

要約レポート

現在2勝のフォレストリーヴズ熊本を相手に、何とか両眼を開けたい柏エンゼルクロスのホームゲーム。
 第1セット熊本は、矢城、川口を中心に、対する柏は江森を軸に攻撃を展開していく。中盤熊本がリードを広げるとそのまま逃げ切った。
 第2セット中盤、江森、清水らの攻撃で柏がリ-ドする。更に萩原らのスパイクで1点ずつ着実に点数を重ねる。熊本も武次らを軸に攻撃するが、最後は高桑のスパイクで、セットを奪い返した。
 第3セットは、そのまま柏に流れが傾き、勢いにのりセットを連取した。
 第4セット、両チームとも執念のプレーで長いラリーが多くなると、疲れからか、柏にミスが目立ってくる。一方、熊本は矢城らのスパイクやブロックが決まり、セットを取り返し、セットカウント2-2とし、試合は振り出しに戻った。
 第5セットは出だしから終始、熊本のペースで試合は進む。柏は江森がチームを引っ張り、流れを引き戻そうとするが、最後は熊本、福田のブロックが決まり、熊本がフルセットの熱戦を制した。
 

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 岡﨑 美香