V・チャレンジリーグⅠ女子 2015/16 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
638
[開催日]
2016/01/09
[会場]
松任総合運動公園体育館
[観客数]
1,096
[開始時間]
15:40
[終了時間]
17:30
[試合時間]
1:50
[主審]
有乗 正志
[副審]
松谷 俊宏

PFUブルーキャッツ

監督: 寺廻 太
コーチ: 金子 健太郎
通算ポイント: 26
通算: 9勝1敗
3

ポイント
3
25 第1セット
【0:22】
17 1

ポイント
0
23 第2セット
【0:29】
25
25 第3セット
【0:28】
19
25 第4セット
【0:22】
18
第5セット
【】

【 】内はセット時間

JAぎふリオレーナ

監督: 椿本 真恵
コーチ: 鈴木 智大
通算ポイント: 14
通算: 5勝5敗

( )内は交代選手

監督コメント

年明けスタートのゲーム。久々の緊張感の中、第1セット良いスタートを切ったが、第2セットサーブレシーブの崩れからリズムを崩してセットを落としてしまった。第3セット以降、徐々にサーブレシーブを修正することが出来、勝利することができた。
まだまだチームとして修正するべき点があるので、しっかり課題を克服するよう、努力を続けたい。
ホームゲームということもあり、会場に大勢の応援を頂き、心より感謝いたします。明日のKUROBE戦は、しっかり準備をして臨みたい。
本日はありがとうございました。

25 ドリス
()
江畑
()
岡部
()

()
17
石橋
()
宇田
(坂下)
廣瀬
()
田代
()
三橋
()
矢野
(清水(ま))
中村(早)
()
佐々原
()
(新井) リベロ 塚本 (樋口)
23 ドリス
(清水(ま))
江畑
()
岡部
()

()
25
石橋
()
宇田
(坂下)
廣瀬
()
田代
(中村(愛))
三橋
()
矢野
()
中村(早)
()
佐々原
()
(新井) リベロ 塚本 (樋口)
25 ドリス
(清水(ま))
江畑
()
岡部
()

()
19
石橋
()
宇田
(坂下)
廣瀬
(中村(愛))
田代
()
三橋
()
矢野
(高橋)
中村(早)
()
佐々原
()
(新井) リベロ 塚本 (樋口)
25 石橋
(松浦)
ドリス
()
岡部
()

()
18
三橋
()
江畑
()
廣瀬
()
田代
()
矢野
(清水(ま))
宇田
(坂下)
中村(早)
()
佐々原
()
(新井) リベロ 塚本 (樋口)

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

年明けの第1戦目の戦いで、大型のPFUに対してサーブレシーブとコンビバレーを強化してきました。サーブもレシーブも悪くはなかったのですが、高さのあるPFUを崩すことが出来ませんでした。
しかし、まだまだチャンスはあると思います。明日に向け気持ちを切り替えて戦いたいと思います。
たくさんの方々に来場していただき、盛大な応援ありがとうございました。

要約レポート

 8勝1敗と首位を追走するPFUブルーキャッツは、3位のJAぎふリオレーナをホームに迎えての一戦。
 第1セット、JAぎふはブロックと好レシーブでリードする展開。PFUは今季初スタメンの江畑にボールを集めるが、なかなか乗り切れない。それでも最後は清水(ま)の連続サービスエースでPFUが第1セットを得る。
 第2セット、レシーブの安定しないPFUに対し、JAぎふは正、岡部のサーブで崩し終始リード。22-22と追いつかれるが、最後はJAぎふ・岡部のスパイクでこのセットを奪う。
 第3セット、PFUは調子の上がってきた江畑が、スパイク、ブロック、サーブで活躍。最後も江畑のサービスエースでこのセットをものにする。
 第4セット、攻撃力のPFUと堅守のJAぎふの攻防は、終盤PFU・矢野、ドリスのミドルブロッカー陣がブロック、スパイクで活躍、最後はドリスの連続サービスエースでこの試合に勝利した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 波佐間 英之