V・チャレンジリーグⅠ女子 2015/16 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
628
[開催日]
2015/11/29
[会場]
滑川市総合体育センター
[観客数]
1,000
[開始時間]
14:00
[終了時間]
15:22
[試合時間]
1:22
[主審]
紙井 ひとみ
[副審]
波塚 彰優

KUROBEアクアフェアリーズ

監督: 米山 弘
コーチ:
通算ポイント: 11
通算: 4勝3敗
0

ポイント
0
16 第1セット
【0:24】
25 3

ポイント
3
17 第2セット
【0:28】
25
20 第3セット
【0:24】
25
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

JTマーヴェラス

監督: 吉原 知子
コーチ: 丹山 禎昭
通算ポイント: 21
通算: 7勝0敗

( )内は交代選手

監督コメント

 本日は相手のサーブで崩され、思ったようなバレーができませんでした。来週から第2レグが始まりますので、もう一度しかっり自分達がやるべき事を確認し、チーム一丸となって戦っていけるようにしたいと思います。
 本日も沢山の方に応援していただきありがとうございました。

16 古屋
(吉川)
太田
()
シッティラック
()
田中(美)
()
25

()
菅野
()
芥川
()
奥村
()
和才
()
倉見
()
中村
()
田中(瑞)
()
駒井 リベロ 小幡
17 古屋
(吉川)
太田
()
シッティラック
()
田中(美)
(山本)
25

(厨子)
菅野
()
芥川
()
奥村
()
和才
()
倉見
(平谷)
中村
()
田中(瑞)
(高橋)
駒井 リベロ 小幡
20 古屋
(丸山)
太田
()
シッティラック
(金杉)
田中(美)
()
25

(色摩)
菅野
(厨子)
芥川
()
奥村
()
和才
()
宮城
()
中村
()
田中(瑞)
()
駒井 リベロ 小幡

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 KUROBEアクアフェアリーズの粘りに苦しめられる場面もあったが、ストレートで勝利することができた。特にディフェンスにおいて日頃の練習の成果が出てきており、今後もしっかりと積み上げていきたい。しかし、昨日に引き続き、ラリーでの攻撃の精度が低く、連続失点をする場面もあった。来週以降の試合に向けて修正していきたい。
 本日も温かいご声援ありがとうございました。

要約レポート

 前日ストレートで勝利し勢いに乗っている両チーム。連覇を狙うJTマーヴェラスにKUROBEアクアフェアリーズが挑む一戦。
 第1セット、JTのスパイクをKUROBEが粘り強く上げ、互いに打ち合う一進一退の攻防戦となる。しかし、中盤になるとJTのエース田中(瑞)、シッティラックらの強烈なスパイクが決まり、JTが得点を重ねていった。KUROBEも粘り強く拾い、エース太田が前後左右にスパイクを打ち分け応戦したが、JTの巧みな攻撃に徐々にミスが出始め、最後にはJTが連続得点によりセットを先取した。
 第2セット、立ち上がりからKUROBEはミスが続き、波に乗れずにいた。JTは田中(瑞)やシッティラックを中心に多彩な攻撃を繰り広げて確実に点数を重ねていき、このセットも連取した。
 第3セット、後がないKUROBEは、序盤から太田のスパイクが決まり、和才のスパイクポイント、宮城のブロックポイントと続き、チームのムードを盛り上げる。さらに途中出場のキャプテン色摩のスパイクも光り、好ゲームを展開していたが、シッティラックの力強いスパイクを拾いきれず、得点に結び付けられなかった。JTがセットカウント3-0でKUROBEに勝利した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 森久 千鶴