V・チャレンジリーグⅠ女子 2015/16 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
623
[開催日]
2015/11/28
[会場]
滑川市総合体育センター
[観客数]
700
[開始時間]
13:00
[終了時間]
14:25
[試合時間]
1:25
[主審]
有乗 正志
[副審]
波塚 彰優

JTマーヴェラス

監督: 吉原 知子
コーチ: 丹山 禎昭
通算ポイント: 18
通算: 6勝0敗
3

ポイント
3
25 第1セット
【0:24】
20 0

ポイント
0
25 第2セット
【0:28】
21
25 第3セット
【0:27】
20
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

PFUブルーキャッツ

監督: 寺廻 太
コーチ: 金子 健太郎
通算ポイント: 14
通算: 5勝1敗

( )内は交代選手

監督コメント

 全セットなかなか主導権を握ることができなかったが、中盤から終盤にかけて集中して戦うことができた。また、ブロックとスパイクレシーブの関係もよく、相手に対応できていた。しかし、ラリー中のオフェンスの精度が低く、得点に結びつけられていないことが多かった。今後の課題として修正していきたい。
 明日は、第1レグ最終戦の非常に大切なゲームになるため、しっかり準備して臨みたい。
 今日もたくさんの応援ありがとうございました。

25 田中(瑞)
()
中村
()
三橋
()
松浦
()
20
奥村
()
芥川
()
矢野
(大保)
ドリス
(宇田)
田中(美)
()
シッティラック
()
坂下
()
高橋
(彌永)
小幡 リベロ (新井)
25 田中(瑞)
()
中村
()
三橋
()
松浦
()
21
奥村
()
芥川
()
矢野
(大保)
ドリス
(宇田)
田中(美)
()
シッティラック
()
坂下
()
彌永
()
小幡 リベロ (新井)
25 田中(瑞)
()
中村
()
三橋
()
松浦
()
20
奥村
()
芥川
()
矢野
(大保)
ドリス
()
田中(美)
()
シッティラック
(高橋)
坂下
(宇田)
彌永
()
小幡 リベロ (新井)

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 終始リードされる苦しい展開で、ストレート負けという非常に悔しい結果となってしまった。サーブレシーブが崩れた時に失点するという、うちの弱点をさらけ出す試合になってしまった。試合の中で何とかそこを修正してゲームを作らなければいけなかったが、それが出来なかった。弱点を弱点として認めながらもそれをしっかり修正することが強いチームの条件だと思うので、もう一度自分のチームをしっかり見直し、今日の敗戦の悔しさを忘れず明日の大野石油戦に臨みたい。
 大勢の方に応援に来て頂き、勝利をプレゼント出来なかったことが非常に悔やまれる。
 今日も応援頂き、ありがとうございました。

要約レポート

 第1レグ、互いに全勝のJTマーヴェラスとPFUブルーキャッツとの首位決戦。
 第1セット、JTはパワフルなシッティラック、左利きの中村、PFUは高い打点のドリス、キャプテンの坂下を中心に得点を重ね、互いに譲らず中盤まで一進一退の展開となる。15-15からJTがセッター田中美咲の2アタック、シッティラックのアタックで4連続得点し、リードを広げこのセットを先取した。
 第2セット、JTは中盤まで3点差を保ちゲームを進めるも、18-15から連続ミスで4連続失点し逆転される。しかし、JTは中村の軟打を織り交ぜたアタックで逆転しセットを連取した。
 第3セット、JTが序盤からシッティラックを中心に得点を重ね11―16とリードする。PFUは、ドリスのサービスエース、松浦のブロック、坂下の連続得点などで19-20と追い上げるも、そこから4連続失点しこのセットも失う。結果、JTがストレートでこの試合に勝利し首位を守った。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 新酒 直幸