V・チャレンジリーグⅠ女子 2015/16 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
613
[開催日]
2015/11/21
[会場]
なみはやドーム(サブアリーナ)
[観客数]
700
[開始時間]
13:00
[終了時間]
15:19
[試合時間]
2:19
[主審]
原 啓之
[副審]
山元 正泰

KUROBEアクアフェアリーズ

監督: 米山 弘
コーチ:
通算ポイント: 5
通算: 2勝2敗
3

ポイント
2
25 第1セット
【0:28】
19 2

ポイント
1
25 第2セット
【0:27】
22
21 第3セット
【0:29】
25
16 第4セット
【0:23】
25
15 第5セット
【0:20】
12

【 】内はセット時間

JAぎふリオレーナ

監督: 椿本 真恵
コーチ: 鈴木 智大
通算ポイント: 7
通算: 2勝2敗

( )内は交代選手

監督コメント

 第1,2セットは古屋、倉見のブロックが良く機能しセットを取ることが出来たが、第3セットから相手セッターのうまいトス回しに翻弄される事が多くなってしまった。
 1試合の中で波が大きく不安定なところもあるが、1試合、1試合成長出来る様にこれからもしっかりと練習したいと思う。
 第5セット目に和才、太田がしっかりとポイントを取れた事が今日の収穫である。
 富山からも沢山応援に来ていただき、本当にありがとうございました。

25 古屋
()
太田
()
岡部
(中村(愛))

()
19

()
菅野
(平谷)
廣瀬
()
田代
()
和才
()
倉見
(吉川)
中村(早)
()
佐々原
()
駒井 リベロ 塚本 (樋口)
25 太田
()
菅野
()
岡部
()

()
22
古屋
()
倉見
(丸山)
廣瀬
()
田代
()

()
和才
()
中村(早)
()
佐々原
()
駒井 リベロ 塚本 (樋口)
21 古屋
()
太田
()
岡部
()

()
25

(吉川)
菅野
(厨子)
廣瀬
(中村(愛))
田代
()
和才
()
倉見
(丸山)
中村(早)
()
佐々原
()
駒井 リベロ 塚本 (樋口)
16 太田
(色摩)
菅野
()
岡部
()

()
25
古屋
()
倉見
()
廣瀬
()
田代
(中村(愛))

(厨子)
和才
()
中村(早)
()
佐々原
()
駒井 リベロ 塚本 (樋口)
15 古屋
()
太田
()
岡部
()

()
12

()
菅野
()
廣瀬
()
田代
(中村(愛))
和才
()
倉見
(吉川)
中村(早)
()
佐々原
()
駒井 リベロ 塚本 (樋口)

監督コメント

 試合開始からリズムがつかめず、動きも固く、自分達のバレーが出来なかった。第2、第3セット目にようやく少しづつ動きも良くなり、JAぎふのバレーができてきたが、勝負の第5セットを勝ち取ることが出来ず、この結果となった。
 明日はこの負けを引きずらずに、JTに勝負を挑みたいと思う。
 また、応援に来ていただいた方々にも心から応援して良かったと言っていただける試合をしたいと思う。
 本日の応援、ありがとうございました。

要約レポート

 両者とも勝ってはずみをつけたい第4戦。KUROBEアクアフェアリーズとJAぎふリオレーナの試合はフルセットの熱戦の末、KUROBEが勝利した。
 KUROBEは菅野の連続サーブポイントで第1セット前半に流れをつかむ。JAぎふは佐々原、岡部の力強いアタックや田代の速攻を、KUROBEは古屋、和才のブロックで阻み、一気に第1、第2セットを連取した。
 JAぎふの正は、中村(早)にトスを集め硬軟織り交ぜた攻撃で、KUROBEのブロックを翻弄すると、廣瀬、岡部のアタックも決め得点を重ねる。また、中村(愛)が好レシーブを見せ会場を大いに盛り上げ、ラリーに競り勝ったJAぎふが第3、第4セットを取り返す。
 どちらが取ってもおかしくない最終セットは、一進一退の攻防が続くが、最後はKUROBEの太田が迫力あるアタックで押し切り勝利した。
 両チームの白熱した試合に会場からも惜しみない拍手が送られた。
 
  
 

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 渡邉 恵美