V・チャレンジリーグⅠ女子 2015/16 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
608
[開催日]
2015/11/08
[会場]
人吉スポーツパレス
[観客数]
1,237
[開始時間]
14:30
[終了時間]
15:59
[試合時間]
1:29
[主審]
木内 誠二
[副審]
満生 真史

フォレストリーヴズ熊本

監督: 中島 裕二
コーチ:
通算ポイント: 0
通算: 0勝2敗
0

ポイント
0
21 第1セット
【0:27】
25 3

ポイント
3
25 第2セット
【0:30】
27
23 第3セット
【0:26】
25
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

KUROBEアクアフェアリーズ

監督: 米山 弘
コーチ:
通算ポイント: 3
通算: 1勝1敗

( )内は交代選手

監督コメント

 やろうとしている事さえもできないくらいの気もちの弱さが見られた。確実に点を取らないといけないときに崩れている。具体的に何をやるのか、一人ひとりが本気で考えて向かい合わないといけないと思う。
 二日間にわたり、たくさんの応援,本当にありがとうございました。

21 矢城
()
川口
(酢田)
和才
()

(厨子)
25
和多
()
山形
()
倉見
()
古屋
(丸山)
武次
()
福田
()
菅野
()
太田
()
佐藤 リベロ 駒井
25 矢城
(酢田)
川口
()
和才
(色摩)
厨子
()
27
和多
(吉岡)
山形
()
倉見
(吉川)
古屋
(宮城)
武次
()
福田
()
菅野
()
太田
()
佐藤 リベロ 駒井
23 矢城
(酢田)
武次
()
色摩
()
厨子
()
25
吉岡
()
山形
()
倉見
()
宮城
(吉川)
福田
()
福島
()
菅野
(丸山)
太田
(平谷)
佐藤 リベロ 駒井

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 昨日の敗戦を引きずることなく、選手たちはしっかりと戦ってくれたと思います。スタートはリズムが悪く、ミスも多かったのですが、代わって入った厨子や色摩がうまく立て直してくれ、勝つことができました。これからも、1戦1戦しっかりと勝ちにこだわり、戦っていきたいと思います。
 本日もたくさんの応援ありがとうございました。

要約レポート

 開幕試合を地元で迎えたフォレストリーヴズ熊本とKUROBEアクアフェアリーズは、どちらも初戦を落とし、今日は絶対に勝利したいという気迫に満ちていた。
 第1セットは、先に熊本が福田・武次のアタックで得点をたたき出しリードするものの、KUROBEは和才の強打と軟打を織り交ぜた攻撃で熊本の守備を翻弄し、振り切った。
 第2セットは一進一退の展開。KUROBEは和才・菅野で、熊本は矢城・川口で流れを引き寄せようとした。福田・武次がアタックを次々に決め、6連続得点し熊本が抜け出した。しかし、KUROBEの駒井の好レシーブから色摩・太田が得点を重ね、じりじりと粘りのあるプレーで追い上げ、デュースの接戦を制した。
 第3セットは、KUROBEの厨子のトスワークが冴えて幅広い攻撃を展開し、熊本は的を絞ることができずに、一時は8点差にまで開いた。終盤、熊本は地元の大応援を受け、福田・矢城・武次の攻撃で猛追したが、一歩及ばずKUROBEがストレートで今季初勝利をあげた。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 松永 美志