V・チャレンジリーグⅠ女子 2015/16 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
605
[開催日]
2015/11/08
[会場]
猫田記念体育館
[観客数]
380
[開始時間]
12:00
[終了時間]
13:59
[試合時間]
1:59
[主審]
前川 清隆
[副審]
飯田 一明

PFUブルーキャッツ

監督: 寺廻 太
コーチ: 金子 健太郎
通算ポイント: 6
通算: 2勝0敗
3

ポイント
3
28 第1セット
【0:28】
26 1

ポイント
0
26 第2セット
【0:30】
24
17 第3セット
【0:25】
25
25 第4セット
【0:27】
22
第5セット
【】

【 】内はセット時間

JAぎふリオレーナ

監督: 椿本 真恵
コーチ: 鈴木 智大
通算ポイント: 3
通算: 1勝1敗

( )内は交代選手

監督コメント

 第1、第2セット、競り合いをものにし、ストレート勝ちをしたかったが、JAさんの粘り強いディフェンスにミスを連発してセットを落としてしまった。
 最終セットもリズムをつかめずにいたが、何とか勝利を収めることができた。苦しい展開で力強いスパイク、粘り強いディフェンスに終始押された。しかし、自分たちの課題を再確認できた。
 来週は日曜日1試合だけなので、しっかり準備をして次戦を迎えたい。
 広島での2連戦、大勢の方に応援していただき、ありがとうございました。次回、広島に来るときは力強いバレーができるように、リーグを通して成長していきたい。

28 矢野
(大保)
三橋
()
岡部
()

()
26
坂下
()
松浦
()
廣瀬
()
田代
()
高橋
(清水(眞))
ドリス
(宇田)
中村(早)
()
佐々原
()
リベロ 塚本 (樋口)
26 三橋
()
松浦
()
岡部
()

()
24
矢野
(大保)
ドリス
()
廣瀬
()
田代
()
坂下
(宇田)
高橋
()
中村(早)
()
佐々原
()
リベロ 塚本 (樋口)
17 矢野
(大保)
三橋
(彌永)
岡部
()

()
25
宇田
()
松浦
(石橋)
廣瀬
()
田代
()
高橋
()
ドリス
()
中村(早)
()
佐々原
()
リベロ 塚本 (樋口)
25 高橋
()
坂下
()
岡部
()

()
22
ドリス
()
矢野
(宇田)
廣瀬
()
田代
()
松浦
(石橋)
三橋
()
中村(早)
()
佐々原
()
リベロ 塚本 (樋口)

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 第1セットから接戦のゲームとなりました。本当に1点1点集中して戦うことができたと思います。
 センターのドリス選手の高さとシャープな攻撃を止めることができなかったので、次回はこれを何とかしたいと思います。
 たくさんの応援をしていただき、小さな子供たちの応援が本当に力になったと思います。これからも応援していただけるゲームをし、勝ちにこだわりたいと思います。

要約レポート

開幕2連勝を狙うPFUブルーキャッツとJAぎふの両チームの戦い。
 第1セット、序盤から両者譲らぬ展開となった。PFUのドリス、三橋の高い攻撃に、JAぎふは塚本、樋口の両リベロがくらいついて粘りをみせ、デュースにまでもつれ込んだ。PFUはドリスのアタック、高橋のブロックが決まり、セットを先取した。
 第2セット、序盤にPFUは三橋のアタックなどで連続得点を重ねリードした。JAぎふは岡部、佐々原の速い攻撃でおいついたが、PFUはドリスの高い攻撃とブロック、三橋の速いアタックでセットを連取した。
 第3セット、中盤からJAぎふは岡部の速いスパイクで得点を重ね、少しずつリードを広げ、セットを奪い返した。
 第4セット、PFUはドリスのアタックなどでリードした。一方、JAぎふは粘りのあるレシーブで点差を詰めていくが追いつくことができず、PFUが開幕2連勝を飾った。 

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 廣重 理恵