V・チャレンジリーグⅠ男子 2015/16 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
582
[開催日]
2016/02/28
[会場]
稲城市総合体育館
[観客数]
200
[開始時間]
14:15
[終了時間]
15:32
[試合時間]
1:17
[主審]
赤川 孝義
[副審]
勝又 禎蔵

東京ヴェルディ

監督: 山中 禎一郎
コーチ: 和井田 剛史
通算ポイント: 13
通算: 4勝17敗
0

ポイント
0
21 第1セット
【0:23】
25 3

ポイント
3
21 第2セット
【0:24】
25
20 第3セット
【0:24】
25
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

トヨタ自動車サンホークス

監督: 近藤 浩
コーチ:
通算ポイント: 33
通算: 11勝10敗

( )内は交代選手

監督コメント

 リーグ最終戦で今シーズンのチームを象徴する雑な面が出てしまった。来週のチャレンジマッチに向けてコンディションを整え、戦う力を取り戻して臨んでいきたい。
 今シーズンも多くの方々に応援いただきありがとうございました。

21 進藤
(榎本)
中村
()
浅川
()
東野
()
25
與崎
()
田尻
()
大保
()
森本
()
三浦
(早瀬)
大下
(斉藤)
徳尾
()
渕江
()
浅岡 (宮田) リベロ 福島
21 進藤
(平良)
中村
()
浅川
()
東野
()
25
榎本
()
田尻
()
大保
(吉本)
森本
()
三浦
(早瀬)
大下
(斉藤)
徳尾
()
渕江
()
浅岡 (宮田) リベロ 福島
20 平良
(荒川)
中村
(飯塚)
浅川
()
東野
()
25
榎本
()
田尻
()
大保
(皆川)
森本
(坂口)
三浦
()
大下
(斉藤)
徳尾
()
渕江
()
浅岡 (宮田) リベロ 福島

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 今リーグの最終戦、そして順位を上げるためにも大切な一戦であった。東京ヴェルディの強いサーブに苦しめられたが、選手は集中を切らさず最後まで戦ってくれた。効果的にブロックが決まり先行したゲームが出来た。
 長いリーグ戦たくさんの応援と協力に感謝いたします。ありがとうございました。

要約レポート

 チャレンジリーグⅠ男子で、今シーズン最後のホームゲームとなる東京ヴェルディに対し、来季に向け一つでも順位を上げたいトヨタ自動車サンホークスの戦い。
 第1セット東京ヴェルディの司令塔・田尻は、與崎、大下を起用しトヨタ自動車を翻弄する。それに対しトヨタ自動車の司令塔東野は、徳尾を中心に東京ヴェルディに挑む。また、リベロ福島のレシーブが安定して東野に繋がった。要所では森本のブロックが決まり得点につながった。中盤から終盤にかけてその差が出て、トヨタ自動車は主導権を握りこのセットを奪った。
 第2セット東京ヴェルディは榎本を起用し流れを変えようとしたが、中盤トヨタ自動車の森本の活躍に阻まれ得点を奪われた。その後も東京ヴェルディはメンバーチェンジを繰り返し流れを変えようとしたが、リズムをつかんだトヨタ自動車を止めることはできなかった。
 第3セット序盤からトヨタ自動車の徳尾の鋭いサーブ、アタックが決まり、追いすがる東京ヴェルディを突き放しにかかる。しかし、東京ヴェルディも飯塚、平良を起用し、トヨタ自動車を苦しめた。また、榎本のライトからの鋭いアタックが効果的に決まった。終始レシーブの安定したトヨタ自動車が、中盤から終盤にかけて順調に得点を重ねその差を広げた。最後はトヨタ自動車の徳尾が鋭いアタックを決め、勝利を手に入れた。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 柴田 等