V・チャレンジリーグⅠ男子 2015/16 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
576
[開催日]
2016/02/21
[会場]
知多市民体育館
[観客数]
345
[開始時間]
14:00
[終了時間]
15:50
[試合時間]
1:50
[主審]
原 啓之
[副審]
内藤 聡美

大同特殊鋼レッドスター

監督: 東岡 昇
コーチ:
通算ポイント: 29
通算: 11勝8敗
1

ポイント
0
25 第1セット
【0:25】
19 3

ポイント
3
21 第2セット
【0:27】
25
21 第3セット
【0:25】
25
19 第4セット
【0:24】
25
第5セット
【】

【 】内はセット時間

大分三好ヴァイセアドラー

監督: 小川 貴史
コーチ: 小林 尚登
通算ポイント: 49
通算: 16勝3敗

( )内は交代選手

監督コメント

 選手は良く集中してプレーしていたが、大分三好のリズムを崩しきれなかった悔いの残る試合でした。
 ご声援いただいた地元の皆さんの前で勝利できずに残念です。本当に温かい応援、最後までありがとうございました。
 残り2試合も全力で戦います。

25 長谷川
()
田中
()
田中
()
池田
(米田)
19
金澤
()
久保田
()
ヤカン
()
藤岡
(木場田)
平野
()
辰巳
()
石垣
()
高山
(細井)
山下 (赤澤) リベロ 辻口(智)
21 長谷川
()
田中
()
田中
(細井)
石垣
()
25
金澤
()
久保田
()
ヤカン
()
木場田
()
平野
()
辰巳
()
米田
(井口)
高山
()
山下 (赤澤) リベロ 辻口(智)
21 長谷川
()
田中
()
田中
(細井)
石垣
()
25
金澤
(草場)
久保田
()
ヤカン
()
藤岡
(木場田)
平野
()
辰巳
()
米田
()
高山
()
山下 (赤澤) リベロ 辻口(智)
19 長谷川
()
田中
()
田中
(細井)
石垣
()
25
金澤
(草場)
久保田
()
ヤカン
()
木場田
()
平野
(嶋津)
辰巳
()
米田
()
高山
()
山下 (赤澤) リベロ 辻口(智)

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 次週の大分でのホームゲームに繋げるためにも絶対に落とせない一戦でした。
 中盤、流れが悪い中、新人の米田が勝利に対する気迫をチームに注入してくれたことで、また戦えるチームになったと思います。
 本日もご声援ありがとうございました。

要約レポート

 第1セットは、大同特殊鋼レッドスター内定選手コンビである長谷川と田中の、バリエーション豊かなライトサイドからの攻撃がうまく決まった。また、久保田のレフトからの攻撃も効果的だった。大分三好ヴァイセアドラーも大同特殊鋼・田中へのマークを意識したが、このセットは大同特殊鋼の方が一枚上だった。
 第2セット、大分三好はセッターをキャプテンの木場田に、レフトに米田を投入した。木場田はオポジットのヤカンを中心とした攻撃を組み立て、チームの堅実な加点に貢献した。米田も元気いっぱいにチームを盛り上げ、大分三好のコート内の雰囲気がよくなった。
 第3セットは、3連続得点を四度奪った大分三好が連取した。ヤカンがスパイクで7得点と、エースとしてチームを牽引した。ヤカンはアタックポイントの半分以上の4点をバックアタックで挙げ、前からも後ろからも高い打点から強打を打ち続けた。
 第4セットは大分三好の米田の活躍が目立った。特に10-12から4連続得点で逆転した場面では、強烈なサーブで相手を崩し、易しい球が返ってきたところを強打やブロックで決めるというパターンが成立していた。また、16-15からも田中のブロックや速攻などで4連続得点を奪った大分三好が、最後は米田のサービスエースでゲームを締めくくった。
 大同特殊鋼も試合を通してよく粘ったが、15本のサーブミスが痛すぎた。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 冨田 崇