V・チャレンジリーグⅠ男子 2015/16 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
575
[開催日]
2016/02/21
[会場]
知多市民体育館
[観客数]
230
[開始時間]
12:00
[終了時間]
13:14
[試合時間]
1:14
[主審]
新田 浩幸
[副審]
黒田 伸浩

警視庁フォートファイターズ

監督: 溝口 正一
コーチ: 井上 人哉
通算ポイント: 24
通算: 8勝11敗
0

ポイント
0
19 第1セット
【0:20】
25 3

ポイント
3
20 第2セット
【0:23】
25
20 第3セット
【0:25】
25
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

トヨタ自動車サンホークス

監督: 近藤 浩
コーチ: 渡邉 敬太
通算ポイント: 30
通算: 10勝9敗

( )内は交代選手

監督コメント

  今日を含めた残り3試合を全勝したかったところでしたが、トヨタ自動車の多彩な攻撃を止めることができず、自分達の展開に持ち込めなかったことが敗因です。
 残り2試合を全力で頑張りますので応援の程、よろしくお願いします。

19 豊田
()
新藤
(佐藤)
浅川
()
東野
()
25
小川(功)
()
中村
()
大保
()
森本
()
加藤
()
中道
()
徳尾
()
渕江
()
石川 リベロ 福島
20 小川(功)
()
豊田
()
浅川
()
東野
()
25
加藤
()
新藤
(佐藤)
大保
()
森本
()
中道
()
中村
()
徳尾
()
渕江
()
石川 リベロ 福島
20 金丸
(豊田)
新藤
(佐藤)
浅川
()
東野
()
25
松本
()
中村
()
大保
(吉本)
森本
(坂本)
加藤
()
中道
()
徳尾
()
渕江
()
石川 リベロ 福島

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 昨日同様、スタートから全員が集中して試合に臨むことができました。
 安定したサーブレシーブからの速い攻撃とブロックが効果的に決まりました。終始先行したゲームができたのはトヨタ自動車のレシーブの繋がりが発揮できたからだと思います。
 残りの試合も最後まで挑戦していきます。今日も多くの応援ありがとうございました。

要約レポート

 昨日大きな1勝をあげ、波に乗るトヨタ自動車サンホークスが、過去1勝1敗で競りあっている警視庁フォートファイターズをストレートで下した。

第1セット、トヨタ自動車は、安定したサーブレシーブから、セッター東野が大保・森本の両ミドルブロッカーを積極的に使い、掴んだ流れを離さなかった。

第2セット、警視庁は、中村のサイド攻撃などの活躍もあり競り合う形で始まったが、トヨタ自動車が11-10以降3連続ポイントなどで流れを掴み、このセットを奪った。

第3セット、流れを取り返したい警視庁だったが、トヨタ自動車が渕江のサーブを起点に15-12から4連続得点で警視庁を突き放した。なかでもキャプテンの徳尾は積極的にトスを呼び込み、集まるボールを打ち抜いてチームに勢いを与えた。

警視庁はセッター中道が各アタッカーにトスを分散させ、ノーマークで打てる場面を作ったが、トヨタ自動車のブロック、レシーブが上回り、要所で決めきることが出来なかったのが痛かった。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 三角 希実