V・チャレンジリーグⅠ男子 2015/16 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
565
[開催日]
2016/02/14
[会場]
富士通川崎体育館
[観客数]
730
[開始時間]
12:00
[終了時間]
14:16
[試合時間]
2:16
[主審]
正岡 卓
[副審]
新田 浩幸

富士通カワサキレッドスピリッツ

監督: 勝田 祥平
コーチ: 山本 道彦
通算ポイント: 44
通算: 15勝2敗
3

ポイント
2
23 第1セット
【0:26】
25 2

ポイント
1
25 第2セット
【0:26】
19
23 第3セット
【0:26】
25
26 第4セット
【0:30】
24
15 第5セット
【0:16】
13

【 】内はセット時間

大分三好ヴァイセアドラー

監督: 小川 貴史
コーチ: 小林 尚登
通算ポイント: 46
通算: 15勝2敗

( )内は交代選手

監督コメント

 
 悪天候の中、たくさんの応援ありがとうございました。
 選手全員が富士通らしく戦ってくれました。大分三好の素晴らしい攻撃を拾ってくれました。最後はホームの大声援に助けられ勝利できました。
 残り4戦、1つずつ大事に富士通らしく戦います。今後も応援をお願いします。

23 岡村
(手塚)
杉本
(浅野)
田中
(辻口(泰))
池田
()
25

()
中川
()
ヤカン
()
藤岡
(米田)
岩井
()
横田
(丸谷)
石垣
()
高山
()
芳賀 リベロ 帖佐
25 岡村
(野澤)
杉本
(浅野)
田中
()
池田
()
19

()
中川
()
ヤカン
()
藤岡
(木場田)
岩井
()
横田
(丸谷)
石垣
()
高山
(井口)
芳賀 リベロ 帖佐
23 岡村
()
杉本
()
田中
()
池田
()
25

()
中川
()
ヤカン
()
藤岡
()
岩井
(浅野)
横田
(丸谷)
石垣
()
高山
(辻口(泰))
芳賀 リベロ 帖佐
26 岡村
()
杉本
(浅野)
田中
(辻口(泰))
池田
()
24

()
中川
()
ヤカン
()
藤岡
()
岩井
()
横田
(丸谷)
石垣
()
高山
(井口)
芳賀 リベロ 帖佐
15 岡村
(手塚)
杉本
(浅野)
田中
()
池田
()
13

()
中川
()
ヤカン
()
藤岡
(木場田)
岩井
()
横田
(丸谷)
石垣
()
高山
(辻口(泰))
芳賀 リベロ 帖佐

監督コメント

 
 今期初のフルセットのゲームでした。
 富士通の強いサーブをサーブレシーブする選手は最後まで高い集中力を発揮してくれたことは、チームにとって大きな成長となりました。
 残り4試合となりました。最後までチーム一丸頑張ります。本日も沢山の声援ありがとうございました。

要約レポート

 
 大分三好ヴァイセアドラーはヤカン、石垣にボールを集め、高山のブロックで流れをたぐり寄せると、池田のサービスエースも後押しし、第1セットを先取した。
 第2セット、富士通カワサキレッドスピリッツは岩井の連続サービスエースを皮切りに流れを変え、セッター新を中心に攻撃を展開すると、中川のブロック、丸谷のサービスエースも決まり、大分三好の反撃を封じこのセットを奪い返した。
 対する大分三好は第3セット、リベロ帖佐の好レシーブ、高山のブロックから富士通に思うような攻撃をさせない。終盤、田中のサービスエース、ヤカンの強烈なスパイクが決まり、このセットを奪った。
 あとがない富士通は第4セット、キャプテン中川にボールを集め、岡村、岩井の追撃が決まり、最後は横田のブロックで、セットカウントをタイにした。
 最高潮のボルテージとなった第5セット、大分三好はヤカン、池田にボールを集めるも富士通の岩井、新のブロックが決まり、点を重ねることができない。最後はホームの熱い応援を味方にした富士通が大分三好の攻撃を振り切り、勝利を収めた。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 吉谷 友輔