V・チャレンジリーグⅠ男子 2015/16 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
561
[開催日]
2016/02/13
[会場]
富士通川崎体育館
[観客数]
345
[開始時間]
13:00
[終了時間]
14:42
[試合時間]
1:42
[主審]
早坂 行博
[副審]
浜野 陽一

大分三好ヴァイセアドラー

監督: 小川 貴史
コーチ: 小林 尚登
通算ポイント: 45
通算: 15勝1敗
3

ポイント
3
25 第1セット
【0:21】
16 1

ポイント
0
25 第2セット
【0:23】
16
18 第3セット
【0:25】
25
25 第4セット
【0:24】
19
第5セット
【】

【 】内はセット時間

警視庁フォートファイターズ

監督: 溝口 正一
コーチ: 井上 人哉
通算ポイント: 18
通算: 6勝10敗

( )内は交代選手

監督コメント

 
 警視庁の粘り強いレシーブは私たちに対してプレッシャーが大きいものでした。
 しかし、それを我慢強くサーブ、アタックを打ち切ったことが本日の勝因でした。
 新人、米田の思い切りの良いプレーは、明日の試合に繋がるチームの勢いとなりました。
 明日も全力で戦います。ご声援ありがとうございました。

25 橋本
(辻口(泰))
石垣
()
中道
()
加藤
()
16
藤岡
()
ヤカン
()
中村
()
小川(功)
()
池田
()
田中
()
新藤
(冨吉)
豊田
()
帖佐 リベロ 石川
25 橋本
()
石垣
()
中村
()
中道
()
16
藤岡
()
ヤカン
()
新藤
(冨吉)
加藤
(小川(功))
池田
(米田)
田中
()
豊田
()
松本
()
帖佐 リベロ 石川
18 橋本
()
石垣
()
中道
()
加藤
()
25
藤岡
()
ヤカン
()
中村
()
小川(功)
()
米田
(辻口(泰))
田中
()
新藤
()
豊田
()
帖佐 リベロ 石川
25 橋本
()
石垣
(辻口(泰))
中村
()
中道
()
19
藤岡
()
ヤカン
()
新藤
()
加藤
()
池田
()
田中
()
豊田
()
小川(功)
()
帖佐 リベロ 石川

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 
 現在、首位の大分三好にチャレンジ精神で臨みましたが、スパイク、ブロック、サーブと力のある攻撃に押されたものの、3セット目を取ることができたことは非常に良かったと思います。残り5試合、全員バレーで臨んでいきたいと思います。
 本日は、多くのご声援、大変有難うございました。

要約レポート

 
 第1セット 序盤から両チーム得点を譲らない展開となった。大分三好ヴァイセアドラーの池田、ヤカン、橋本のブロック、スパイクが得点源となり点差を広げていった。警視庁フォートファイターズも高い打点での攻撃をするが一歩及ばず、最後は大分三好の田中のブロックポイントで1セット目を先取した。
 第2セット 大分三好のサーブが走り、序盤から点数を重ねた。石川を中心とした粘り強いつなぎの警視庁に対し、鋭い攻撃を繰り返し大分三好が連取する。
 第3セット 大分三好は米田、ヤカン中心の強烈な攻撃をし、警視庁の連続得点を阻止しようとする。後が無い警視庁は小川、中村にボールを集め得点を重ねると勢いがつき、そのままセットを取る。
 第4セット スタートから両チーム共に得点を取り合う形となった。大分三好は、セッターの藤岡が多彩な攻撃を繰り出し警視庁のブロックをかわし、一歩抜け出すと、得点を離しこのセットを取り、この試合に勝利した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 雨宮 貴志