V・チャレンジリーグⅠ男子 2015/16 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
560
[開催日]
2016/02/07
[会場]
ベイコム総合体育館
[観客数]
700
[開始時間]
14:00
[終了時間]
16:03
[試合時間]
2:03
[主審]
上土谷 政高
[副審]
中山 博幸

大同特殊鋼レッドスター

監督: 東岡 昇
コーチ: 浦田 範夫
通算ポイント: 26
通算: 10勝5敗
3

ポイント
2
25 第1セット
【0:23】
22 2

ポイント
1
21 第2セット
【0:24】
25
26 第3セット
【0:29】
24
20 第4セット
【0:21】
25
15 第5セット
【0:14】
13

【 】内はセット時間

埼玉アザレア

監督: 工藤 晴康
コーチ: 岩川 泰巳
通算ポイント: 8
通算: 2勝13敗

( )内は交代選手

監督コメント

 自分たちでリズムを崩してしまった。その隙を埼玉アザレアのサーブで狙われて流れを持っていかれてしまった。もっと集中していかないと駄目なところばかりがゲームに出てしまう。
 残り試合が少なくなってきている。全力で行かないといけないので修正して次週に臨みます。応援ありがとうございました。

25 田中
()
久保田
()

()
金丸
()
22
長谷川
()
辰巳
()
中津
(茂木)
石田
(柴田)
金澤
(草場)
平野
(嶋津)
石井
()
笠原
()
平井 (赤澤) リベロ 川崎
21 田中
(山下)
久保田
()
金丸
()
石田
()
25
長谷川
()
辰巳
()

()
笠原
(石川)
金澤
()
平野
()
中津
()
石井
()
平井 (赤澤) リベロ 川崎
26 田中
()
久保田
()

()
金丸
()
24
長谷川
()
辰巳
()
中津
()
石田
(茂木)
金澤
(草場)
平野
(山下)
石井
()
石川
()
平井 (赤澤) リベロ 川崎
20 田中
()
久保田
()
金丸
()
石田
()
25
長谷川
()
辰巳
()

()
石川
()
草場
()
平野
()
中津
()
石井
()
平井 (赤澤) リベロ 川崎
15 田中
()
久保田
()

()
金丸
()
13
長谷川
()
辰巳
()
中津
()
石田
()
金澤
()
平野
(松山)
石井
()
石川
()
平井 (赤澤) リベロ 川崎

監督コメント

 二週続けての大同特殊鋼戦。
 今週こそと戦ったが2ー3で敗戦。しかし、バレーボールの質が徐々に上向きになってきた。来週以降の戦いに必ず生きてくるものと確信する。
 本日も応援ありがとうございました。

要約レポート

 第1セット、大同特殊鋼レッドスターは辰巳のバックアタック、田中の一人時間差攻撃を絡めた速攻を展開した。一方の埼玉アザレアは石井と石田の速攻が決まり、19ー19と終盤まで一進一退の攻防が続いた。最後は大同特殊鋼・辰巳のバックアタックが決まり大同特殊鋼がこのセットを先取した。
 第2セット、大同特殊鋼が辰巳のサービスエース、久保田のアタックなどで19ー14とリードした。埼玉は中津の速攻、石井の力強いアタックで7連続得点をあげ、21ー19と逆転すると最後は林のアタックが決まり、セットを取った。
 第3セット、埼玉は前セットの勢いが続き序盤は中津の速攻と林のサービスエースで5ー1とリードした。大同特殊鋼は徐々にペースを取り戻し、中盤5連続得点をあげ、15ー12と逆転した。埼玉は茂木のサービスエースと石井のアタックで24-23と再逆転したが、最後は大同特殊鋼・辰巳のバックアタックが連続で決まり、このセットをものにした。
 第4セット、埼玉はセッター金丸とのコンビがよく合い、中津と石田の速攻や、石井のアタックで終始リードを保ち、セットカウント2ー2とした。
 勝負の第5セット、大同特殊鋼は平野の連続ブロックで8ー3とリードした。埼玉は石井と林のアタックで反撃し、13ー14まで追い上げた。最後は大同特殊鋼・平野の速攻が決まり、フルセットの接戦を制した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 赤井 倫大