V・チャレンジリーグⅠ男子 2015/16 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
557
[開催日]
2016/02/07
[会場]
江戸川区スポーツセンター
[観客数]
190
[開始時間]
12:00
[終了時間]
13:52
[試合時間]
1:52
[主審]
中西 幸治
[副審]
関野 智史

つくばユナイテッドSunGAIA

監督: 菊池 孝一
コーチ: 丸山 祥二
通算ポイント: 13
通算: 4勝11敗
2

ポイント
1
18 第1セット
【0:21】
25 3

ポイント
2
19 第2セット
【0:23】
25
25 第3セット
【0:20】
16
25 第4セット
【0:25】
23
9 第5セット
【0:11】
15

【 】内はセット時間

トヨタ自動車サンホークス

監督: 近藤 浩
コーチ:
通算ポイント: 24
通算: 8勝7敗

( )内は交代選手

監督コメント

 今日から3レグ目で、2敗しているトヨタとの試合でなんとしても勝利で再スタートをしたかったが、最後勝ちきることができず残念である。3、4セットは要所でブロックが機能して、良い形もできたので、それを最後まで続けられるよう来週以降修正していきたい。
 今日もたくさんの方々に応援にかけつけていただき、本当にありがとうございました。これからもご声援よろしくお願いします。

18 奥田
()
瀧澤
()
浅川
()
東野
()
25
中島
(南)
柴田
(浜田)
大保
(吉本)
森本
()
五十嵐
(市原)
宮下
()
徳尾
()
二宮
()
白石 リベロ 福島
19 奥田
()
瀧澤
(南)
浅川
()
東野
()
25
中島
()
柴田
()
大保
()
森本
()
五十嵐
(山川)
宮下
()
徳尾
()
二宮
()
白石 リベロ 福島
25 奥田
()
瀧澤
()
浅川
()
東野
()
16
中島
()
柴田
()
大保
()
森本
(坂本)
五十嵐
()
宮下
()
徳尾
()
二宮
()
白石 リベロ 福島
25 奥田
()
瀧澤
()
浅川
()
東野
()
23
中島
()
柴田
()
大保
(吉本)
森本
()
五十嵐
()
宮下
()
徳尾
()
二宮
()
白石 リベロ 福島
9 奥田
()
瀧澤
()
浅川
()
東野
()
15
中島
()
柴田
()
大保
()
森本
()
五十嵐
()
宮下
()
徳尾
()
二宮
()
白石 リベロ 福島

監督コメント

 全セットともスタートのリズムが悪く、先行されて苦戦となった。途中徳尾、浅川のサーブが効果的に決まりリズムを掴んだが、つくばの強いサーブ、バックアタックに対応できず苦戦した。最終の5セット目は、スタートから集中したプレーが発揮できて勝利することができた。
 今日もたくさんの応援ありがとうございました。

要約レポート

 3レグに入り、共に上位進出を目指すつくばユナイテッドSunGAIAとトヨタ自動車サンホークスの試合は両チームが自力を出し切る好ゲームとなった。
 第1セット、瀧澤のスパイクが冴え、序盤はつくばがリードする。トヨタ自動車は徳尾、福島の安定したレシーブから、セッター東野が浅川、二宮を中心に攻撃を組み立て、中盤逆転すると、3本のサービスエースを奪うなどして波に乗り、セットを取る。
 第2セット、序盤は両チームとも安定したレシーブから、つくばは五十嵐中心、トヨタ自動車は第1セット同様多彩な攻撃をみせ、一進一退の展開となる。中盤、トヨタ自動車は徳尾の3連続得点からリードし、長いラリーを二宮のスパイクで制して流れを作ると、このセットも連取する。
 第3セット、相手の攻撃パターンを読んだつくばが、センター奥田中心にブロックを5本決め、試合の流れを掴む。終始リードしたつくばは、宮内の連続ブロックで自分たちのペースに持ち込むと、最後は柴田のスパイクでセットを取り返す。
 第4セット、つくばが4連続得点で序盤リードする。トヨタ自動車は、粘り強く拾い、大保がスパイク、ブロックを決めて奮起し、終盤つくばのミスを誘って追いつく場面もあったが、つくばが逃げ切り、フルセットとなった。
 第5セット、両チームともサーブで攻め、相手チームのリズムを崩そうとする。トヨタ自動車は森本のスパイク、ブロックでリードを奪うと、粘るつくばを振り切り、6点の大差をつけて勝利した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 高澤 利恵