V・チャレンジリーグⅠ男子 2015/16 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
552
[開催日]
2016/01/31
[会場]
大同特殊鋼星崎工場体育館
[観客数]
370
[開始時間]
14:05
[終了時間]
15:39
[試合時間]
1:34
[主審]
服部 篤史
[副審]
河合 和広

大同特殊鋼レッドスター

監督: 東岡 昇
コーチ: 浦田 範夫
通算ポイント: 21
通算: 8勝5敗
3

ポイント
3
25 第1セット
【0:22】
18 1

ポイント
0
25 第2セット
【0:20】
14
21 第3セット
【0:23】
25
25 第4セット
【0:20】
18
第5セット
【】

【 】内はセット時間

埼玉アザレア

監督: 工藤 晴康
コーチ: 岩川 泰巳
通算ポイント: 7
通算: 2勝11敗

( )内は交代選手

監督コメント

 埼玉アザレアのサーブに苦しめられて、上手くリズムを作ることができませんでしたが、ホームゲームの応援の声がチームに力を注入していただき、勝利することができました。残り8試合、厳しい戦いが続きますがチーム全員で頑張ります。
 本日も応援ありがとうございました。

25 田中
()
久保田
()

()
金丸
()
18
長谷川
()
辰巳
()
石田
()
中津
()
宮原
()
平野
()
石井
()
笠原
()
平井 (赤澤) リベロ 高橋
25 田中
()
久保田
(草場)
金丸
()
中津
()
14
長谷川
()
辰巳
()

()
笠原
()
宮原
()
平野
(嶋津)
石田
(大和田)
石井
(茂木)
平井 (赤澤) リベロ (川崎)
21 田中
()
久保田
()

()
金丸
()
25
長谷川
()
松山
(辰巳)
大和田
(柴田)
中津
()
金澤
()
川口
(平野)
茂木
()
笠原
()
平井 (赤澤) リベロ (川崎)
25 田中
()
久保田
()
金丸
()
中津
()
18
長谷川
()
辰巳
()

()
笠原
()
金澤
(山下)
平野
()
大和田
()
茂木
()
平井 (赤澤) リベロ (川崎)

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 多彩な攻撃を持つ大同特殊鋼を相手に良く粘ったが、最後まで追い上げることが出来ませんでした。茂木・林の攻撃で第3セットを取ることができたことは良かったです。
 本日も応援ありがとうございました。まだまだ頑張りますので応援よろしくお願いします。

要約レポート

 第1セットは互いに譲らぬ攻防を繰り広げながら、大同特殊鋼リードで19-17まで達した。大同特殊鋼は相手のミスで1点を取ると、後衛の辰巳がフェイントと二段トスを打ち切る2本連続のアタックポイントを見せ、続いて長谷川が相手のレフトをブロックした。さらに相手のアタックがコートを外れ、これで都合5連続得点となった。大同特殊鋼はこの終盤の集中力で勝っていた。
 第2セットは、大同特殊鋼が序盤から8連続得点と4連続得点で13-2と大量リード。そのままセットを連取した。長谷川からのレフトへの速い平行トスを、久保田が何度も打って決めた。長谷川はネット際に強く、終盤、ワンハンドで速攻にトスを上げた場面では会場から驚きのどよめきが起きた。
 第3セット、埼玉アザレアは2人を入れ替えて臨んだが、この2人(大和田・茂木)が序盤にアタックで加点すると波に乗った。中盤は林がレフトから、茂木がライトから得点を重ね、3連続得点を二度奪い、大同特殊鋼を寄せつけなかった。
 第4セット、大同特殊鋼は第3セットに投入したメンバーをほぼ元に戻すと、ブロックとサーブで優位に立ってペースをつかんだ。特に中盤の辰巳・平野・田中のブロックポイントが効果的だった。また、サービスエースを奪った2人の内定選手(長谷川・田中)もチームに貢献した。長谷川と田中は高校時代からの同級生で、長谷川はCクイック、Dクイック、一人時間差と、左利きのミドルブロッカー田中を生かすトスワークを展開し、相手を苦しめた。なお、マッチポイントでは、ワンポイントレシーバーで登場した山下がサーブレシーブを長谷川にきっちりと返して辰巳がアタックを決めた。観客からは山下を賞賛する大きな声援が次々に飛び交い、会場が大いに盛り上がる締めくくりとなった。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 冨田 崇