V・チャレンジリーグⅠ男子 2015/16 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
545
[開催日]
2016/01/30
[会場]
宮前スポーツセンター
[観客数]
430
[開始時間]
13:02
[終了時間]
15:05
[試合時間]
2:03
[主審]
新田 浩幸
[副審]
行天 健

大分三好ヴァイセアドラー

監督: 小川 貴史
コーチ: 小林 尚登
通算ポイント: 33
通算: 11勝1敗
3

ポイント
3
27 第1セット
【0:30】
25 1

ポイント
0
22 第2セット
【0:27】
25
27 第3セット
【0:29】
25
25 第4セット
【0:28】
23
第5セット
【】

【 】内はセット時間

東京ヴェルディ

監督: 山中 禎一郎
コーチ: 瀧澤 利一
通算ポイント: 10
通算: 3勝9敗

( )内は交代選手

監督コメント

 東京ヴェルディの勢いと切れの良いサーブに苦しめられました。
 全セット追う展開となりましたが、勝ちきれた事は選手の諦めのない気持ちのおかげだと思います。
 まだ、更に厳しい試合は続きますがチーム全員で戦っていきます。
 本日も寒い中、沢山の声援ありがとうございました。

27 高橋
(細井)
石垣
()
進藤
(早瀬)
中村
(三浦)
25
藤岡
()
ヤカン
()
與崎
()
田尻
()
池田
(井口)
田中
(辻口(泰))
飯塚
()
大下
(荒川)
辻口(智) リベロ 浅岡
22 高橋
(細井)
石垣
(辻口(泰))
進藤
(榎本)
中村
(三浦)
25
藤岡
()
ヤカン
()
與崎
()
田尻
()
池田
(井口)
田中
()
飯塚
()
大下
(荒川)
辻口(智) (帖佐) リベロ 浅岡
27 高橋
(細井)
石垣
()
進藤
(榎本)
中村
(三浦)
25
藤岡
(木場田)
ヤカン
()
與崎
()
田尻
()
池田
()
田中
(辻口(泰))
飯塚
()
大下
(荒川)
辻口(智) (帖佐) リベロ 浅岡
25 高橋
(細井)
石垣
()
進藤
()
中村
(三浦)
23
藤岡
()
ヤカン
()
與崎
()
田尻
()
池田
(井口)
田中
()
飯塚
()
大下
(荒川)
辻口(智) (帖佐) リベロ 浅岡

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 連敗している中で、今一度チームの結束力を強くして闘っていけるよう、練習に取り組んで試合に臨んだ。
 サーブが結果的に機能し、飯塚、與崎の攻撃で得点することができたが、ここ一番での一点が取り切れず、悔しい敗戦である。チームの粘りを明日に繋げていきたい。
 本日も多くの応援を頂きありがとうございました。

要約レポート

 第1セット、東京ヴェルディは序盤、飯塚、進藤、與崎のアタック、田尻のサーブでリードする。中盤から、大分三好ヴァイセアドラーは、ヤカンの強力なアタック、高橋のブロックで盛り返す。その後は一進一退の攻防を繰り広げたが、大分三好がこのセットを取った。
 第2セット、大分三好はヤカン、田中のアタック、高橋のブロックで試合を優位に進めたが、東京ヴェルディは飯塚、與崎がサーブとアタックで得点を重ね、徐々に差を縮めた。終盤東京ヴェルディが飯塚、中村が連続でアタックを決め、このセットを奪い取った。
 第3セット、大分三好は、石垣、ヤカンのアタック、池田のブロックにより、中盤までを優位に進めた。対する東京ヴェルディは飯塚、與崎のアタック、田尻のサーブで相手を崩し逆転した。終盤、大分三好がヤカン、池田のアタックで抜き去り、このセットを取った。
 第4セット、大分三好は、藤岡のトスワークで東京ヴェルディを翻弄し、池田、高橋、ヤカンのアタックで相手に的を絞らさせない攻撃をした。東京ヴェルディは、飯塚、與崎のアタックで応戦するが、一歩及ばなかった。大分三好がこのセットを取り、勝利した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 曽我 雅弘