V・チャレンジリーグⅠ男子 2015/16 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
544
[開催日]
2016/01/24
[会場]
日野市市民の森ふれあいホール
[観客数]
410
[開始時間]
13:05
[終了時間]
14:55
[試合時間]
1:50
[主審]
桑原 健輔
[副審]
杤堀 仁美

警視庁フォートファイターズ

監督: 溝口 正一
コーチ: 井上 人哉
通算ポイント: 15
通算: 5勝6敗
3

ポイント
3
25 第1セット
【0:24】
16 1

ポイント
0
22 第2セット
【0:30】
25
25 第3セット
【0:23】
15
25 第4セット
【0:24】
16
第5セット
【】

【 】内はセット時間

東京ヴェルディ

監督: 山中 禎一郎
コーチ: 瀧澤 利一
通算ポイント: 10
通算: 3勝8敗

( )内は交代選手

監督コメント

 今日は、スタートから自分達のリズムで試合展開することができ、非常に良かったと思います。
 2セット目、相手チームに押されたが、自分達で立て直すことができたのが勝利に繋がりました。
 まだチャンスをものに出来ないプレーがありますので練習を積み重ね頑張っていきます。
 本日は多くの、ご声援大変有難うございました。

25 金丸
()
鈴木
()
平良
(濱口)
中村
()
16
小川(功)
()
中村
()
榎本
()
田尻
()
加藤
(平林)
中道
()
飯塚
()
大下
(與崎)
石川 リベロ 浅岡
22 小川(功)
()
金丸
()
平良
(三浦)
中村
()
25
加藤
(佐藤)
鈴木
(豊田)
榎本
()
田尻
()
中道
()
中村
()
飯塚
()
大下
(濱口)
石川 リベロ 浅岡 (佐宗)
25 金丸
()
鈴木
(平林)
中村
()
田尻
()
15
小川(功)
()
中村
()
平良
(三浦)
大下
(濱口)
加藤
(豊田)
中道
()
榎本
(與崎)
飯塚
()
石川 リベロ 浅岡 (佐宗)
25 小川(功)
()
金丸
()
平良
(濱口)
中村
(三浦)
16
加藤
()
鈴木
(平林)
與崎
()
田尻
()
中道
()
中村
()
飯塚
()
大下
()
石川 リベロ 浅岡 (佐宗)

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 ホームゲームで多くのサポーターの応援の中で負けられない試合であったが、警視庁の強いサーブで崩され、攻撃力を生かせなかった。ブレイクチャンスで点数を取りきれず後手に回ってしまった。次週に向けてチームを立て直して戦っていきたい。
 本日も多くの応援をいただき、有難うございました。

要約レポート

 ともに負けられない戦い、警視庁フォートファイターズと東京ヴェルディの一戦は、序盤から好プレーの連続でスタートした。
 第1セット、警視庁はセッター中道から繰り出すトスを小川(功)、中村がスパイクを決める。随所で決める鈴木、新人・加藤のブロックも効果的であった。東京ヴェルディも田尻からのトスを新人榎本がアタックを決め盛り返すが、セットを落とす。  
 第2セットは東京ヴェルディの大下、平良のブロックでリードを奪うと、中村のスパイクも冴えリードを奪う。警視庁も鈴木、金丸のブロックで反撃するも、東京ヴェルディが前半のリードを守りセットを取り返す。
 第3セット警視庁は中道がサーブで崩し、センターから鈴木が決める効果的な攻撃が決まり点差を広げる。東京ヴェルディも飯塚のスパイクで反撃するも、警視庁の金丸、加藤のスパイクが決まりセットを取りリードする。
 第4セットはお互いの主軸の戦いで一進一退のゲームが続くが、終盤からの警視庁は、勢いのある攻撃でリードを広げ、ホームゲームを勝利で飾った。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 中嶋 幹朗