V・チャレンジリーグⅠ男子 2015/16 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
542
[開催日]
2016/01/24
[会場]
桜総合体育館
[観客数]
802
[開始時間]
14:45
[終了時間]
16:32
[試合時間]
1:47
[主審]
慈眼 雅啓
[副審]
屋貝 直也

つくばユナイテッドSunGAIA

監督: 菊池 孝一
コーチ: 五十嵐 元
通算ポイント: 12
通算: 4勝7敗
3

ポイント
3
25 第1セット
【0:27】
23 1

ポイント
0
25 第2セット
【0:22】
15
21 第3セット
【0:28】
25
25 第4セット
【0:21】
14
第5セット
【】

【 】内はセット時間

埼玉アザレア

監督:
コーチ: 上笹 淳二
通算ポイント: 7
通算: 2勝9敗

( )内は交代選手

監督コメント

 昨日の敗戦の反省を活かし、今日はスパイクレシーブがうまく機能し、ブレイクを重ねることができたことはとても評価できる内容であった。
 ただスタートの集中力の足りなさは、まだ課題が残る点であった。
 これからまだまだ厳しい試合が続くので、スタートからピークでプレーできるよう、集中力を保って取り組んでいきたい。
 今日もホームゲームでたくさんの方々に応援していただきありがとうございました。
 これからも応援よろしくお願いします。

25 宮内
()
瀧澤
()

()
切山
()
23
浜田
(中島)
柴田
(奥田)
大和田
()
中津
()
五十嵐
()
宮下
()
石井
()
石川
()
白石 リベロ 川崎
25 宮内
(奥田)
瀧澤
()
切山
()
中津
()
15
中島
()
柴田
()

()
石川
()
五十嵐
()
宮下
()
大和田
(石田)
石井
(茂木)
白石 リベロ (高橋)
21 奥田
()
瀧澤
()

()
切山
()
25
中島
()
柴田
()
大和田
(中津)
石田
()
五十嵐
(南)
宮下
()
茂木
(石井)
石川
()
白石 リベロ (高橋)
25 奥田
()
瀧澤
()

()
切山
()
14
中島
()
柴田
(小針)
大和田
()
石田
()
五十嵐
()
宮下
()
石井
()
石川
(新妻)
白石 リベロ (高橋)

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 3セット目はセットを取れましたが、どのセットもミスが続き、またつくばのコースを打つスパイクが点につながる事が、アザレアを苦しめる結果となりました。
 ブロック、レシーブの課題がありますが、皆様の応援が何よりも前進する力になっています。
 これからも応援よろしくお願いいたします。

要約レポート

 第1セット序盤、つくばユナイテッドSunGAIAのミスが重なり、埼玉アザレアがリードする。中盤もつくばはリズムが掴めないまま徐々に点差を広げられる。14-8と埼玉リードとなったところで、つくばはセッターを浜田から中島に代える。この交代が流れを変え、つくば宮下、宮内の両センターのスパイクが効果的に決まり逆転で先取する。
 第2セット、序盤は互いに決め手を欠くなかで、つくばは瀧澤のサービスエースで一歩抜け出す。埼玉も石川、林のスパイクで応戦するが、つくばのセッター中島の速いトス回しにブロックの的を絞れず、中盤までに大量リードを許す。その後も効果的なサーブから展開を有利に進めたつくばがリードを保ち、連取した。
 第3セット、序盤から互角の戦いを見せるが、中盤埼玉が林のサーブから連続得点を奪いリードする。つくばも粘りを見せるが、コンビが合わずスパイクミスが続く。つくばがリズムを作れない一方、埼玉が着実に加点しセットを取り返した。
 第4セット、つくばは前のセットの悪い流れから一転、瀧澤の活躍で得点を重ね序盤で大きなリードを得る。流れが止められない埼玉は選手交代で流れを引き寄せようと試みるが、つくばが逃げ切り勝利した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 横須賀 威之