V・チャレンジリーグⅠ男子 2015/16 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
523
[開催日]
2015/12/05
[会場]
真幸アリーナ
[観客数]
350
[開始時間]
11:00
[終了時間]
12:11
[試合時間]
1:11
[主審]
川尻 康行
[副審]
川﨑 博史

大分三好ヴァイセアドラー

監督: 小川 貴史
コーチ: 小林 尚登
通算ポイント: 15
通算: 5勝1敗
3

ポイント
3
25 第1セット
【0:20】
14 0

ポイント
0
25 第2セット
【0:21】
20
25 第3セット
【0:24】
22
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

トヨタ自動車サンホークス

監督: 近藤 浩
コーチ:
通算ポイント: 7
通算: 2勝4敗

( )内は交代選手

監督コメント

 第1セットから、こちらがやろうとした事が、コートの上で明確にできていた。
特にサーブとブロックが機能し、チームとしても新しい収穫があったのは非常によかったと思います。
 本日も応援ありがとうございました。

25 高橋
(細井)
石垣
()
浅川
()
東野
()
14
木場田
()
ヤカン
()
大保
()
森本
()
細川
()
田中
()
徳尾
()
二宮
()
辻口(智) リベロ 福島
25 高橋
()
石垣
()
浅川
()
東野
()
20
木場田
()
ヤカン
()
大保
()
森本
()
細川
()
田中
(浜崎)
徳尾
()
渕江
()
辻口(智) リベロ 福島
25 橋本
(細井)
石垣
()
浅川
()
東野
()
22
木場田
()
ヤカン
()
大保
(坂口)
森本
()
細川
()
田中
(浜崎)
徳尾
()
渕江
()
辻口(智) (帖佐) リベロ 福島

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 ゲームスタートから、大分三好チームのオポジットスパイカーの対応が出来ず、リズムをつくることが出来なかった。
レシーブでリズムをつくれた場面もあったが、サービスエースをとられるなど、最後までリズムを掴む事が出来なかった。
 多くの応援、ありがとうございました。

要約レポート

 上位狙う大分三好ヴァイセアドラーとトヨタ自動車サンホークスの試合。 
序盤、大分三好・石垣のスパイクが連続して決まる。相手のミスもあり大分三好が流れをつかむ。中盤以降はヤカンの強打が次々と決まり、第1セットは25‐14で大分三好が先取。
 第2セットも大分三好は、石垣が得点を重ねリード。中盤、トヨタ自動車は、相手のサーブミスから得点を重ねる。しかし、大分三好ヤカン、石垣の強打と高いブロックが効果的に決まり、大分三好がセットを連取した。
 第3セット序盤、トヨタ自動車・大保のブロックポイントで先取点を奪い、徳尾のスパイクで得点を重ねる。一方、大分三好はヤカンのスパイクで応戦し、一進一退の攻防が続いたが、大分三好・細川の強烈なスパイクで試合を決した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 有村 充