V・チャレンジリーグⅠ男子 2015/16 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
515
[開催日]
2015/11/22
[会場]
雄踏総合体育館
[観客数]
178
[開始時間]
10:00
[終了時間]
12:06
[試合時間]
2:06
[主審]
中島 俊昌
[副審]
富田 浩生

富士通カワサキレッドスピリッツ

監督: 勝田 祥平
コーチ: 山本 道彦
通算ポイント: 10
通算: 3勝1敗
2

ポイント
1
25 第1セット
【0:23】
16 3

ポイント
2
22 第2セット
【0:25】
25
25 第3セット
【0:24】
21
22 第4セット
【0:26】
25
12 第5セット
【0:16】
15

【 】内はセット時間

大同特殊鋼レッドスター

監督: 東岡 昇
コーチ: 浦田 範夫
通算ポイント: 11
通算: 4勝0敗

( )内は交代選手

監督コメント

 大同特殊鋼の攻撃を最後まで止めることができませんでした。富士通も内容は良かったと思いますが、最後の粘りがもう一つ必要だと感じました。劣勢の場面で単調なバレーになってしまうことも課題だと思います。
 長いリーグ戦ではこういうケースもありますので、苦しい時にチームとしてまとまって戦います。
 2日間とも多くの皆様に観戦いただきましてありがとうございました。

25 岡村
()
杉本
()
藤元
(田中)
金澤
(草場)
16

()
中川
()
辰巳
()
赤澤
(長谷川)
田中
(小川)
横田
()
久保田
()
平野
(宮原)
芳賀 リベロ 平井
22 岡村
(野澤)
杉本
()
平野
(宮原)
金澤
(草場)
25

()
中川
()
辰巳
()
長谷川
()
田中
(小川)
横田
()
久保田
()
田中
()
芳賀 リベロ 平井
25 横田
()
杉本
(岩井)
平野
(赤澤)
金澤
(草場)
21

()
中川
()
辰巳
()
長谷川
()
田中
()
手塚
()
久保田
()
田中
()
芳賀 リベロ 平井
22 横田
(小川)
杉本
(岩井)
平野
(赤澤)
金澤
(草場)
25

()
中川
()
辰巳
(木村)
長谷川
()
田中
()
手塚
()
久保田
()
田中
()
芳賀 リベロ 平井
12 横田
(小川)
岩井
()
平野
(赤澤)
金澤
(草場)
15

()
中川
()
辰巳
()
長谷川
()
田中
()
手塚
()
久保田
()
田中
()
芳賀 リベロ 平井

監督コメント

 勝利できて嬉しい!!
 チームが一つになり苦しい場面もよく耐えていました。
 富士通戦10年ぶりの勝利。選手もよく頑張りました。
 次週も頑張りますので応援よろしくお願いします。

要約レポート

 全勝同士で迎えた富士通カワサキレッドスピリッツと大同特殊鋼レッドスターの一戦は、首位対決にふさわしい大熱戦となった。
 セット率で2位につける富士通は、序盤からキャプテン中川のスパイクやブロックなどで得点を重ね、リードを広げる。対する首位・大同特殊鋼は、富士通守備陣の隙を突く巧みな難攻を見せるものの点差を縮められず、富士通が第1セットを先取する。
 第2セットは一転、ウイングスパイカー辰巳、久保田の強打が冴えた大同特殊鋼が取り戻し、セットカウントをタイに持ち込む。
 第3セットは再び富士通が奪い返し、続く第4セットも序盤は富士通がリードを奪う。しかし、後のない大同特殊鋼は久保田の連続スパイク得点で中盤に逆転すると、粘り強いレシーブでラリーの応酬も制し、勝負はフルセットへもつれ込む。
 この試合を象徴するような一進一退の攻防となった第5セットは、4本のブロックを決めた大同特殊鋼が逆転で勝利し、首位を守った。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 笠原 瑞恵