V・チャレンジリーグⅠ男子 2015/16 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
511
[開催日]
2015/11/21
[会場]
雄踏総合体育館
[観客数]
183
[開始時間]
10:00
[終了時間]
11:39
[試合時間]
1:39
[主審]
佐伯 昌昭
[副審]
笠原 隆博

富士通カワサキレッドスピリッツ

監督: 勝田 祥平
コーチ: 山本 道彦
通算ポイント: 9
通算: 3勝0敗
3

ポイント
3
25 第1セット
【0:22】
18 1

ポイント
0
20 第2セット
【0:21】
25
25 第3セット
【0:24】
23
25 第4セット
【0:23】
20
第5セット
【】

【 】内はセット時間

トヨタ自動車サンホークス

監督: 近藤 浩
コーチ:
通算ポイント: 3
通算: 1勝2敗

( )内は交代選手

監督コメント

沢山のファンの皆様に応援いただきましてありがとうございました。
勝負に対する甘さが出た試合でした。劣勢になった場面でチーム、個人が粘りを見せる必要があります。更に強くなるために一つずつ乗り越えていきます。
明日も試合がありますので、応援の程よろしくお願いします。

25 岡村
()
杉本
()
浅川
()
東野
()
18

()
中川
()
大保
(坂口)
森本
()
田中
()
横田
()
徳尾
()
二宮
(渕江)
芳賀 リベロ 福島
20 岡村
(野澤)
杉本
()
浅川
(坂本)
東野
()
25

()
中川
()
坂口
()
森本
()
田中
()
横田
()
徳尾
()
渕江
()
芳賀 リベロ 福島
25 岡村
()
杉本
()
浅川
()
東野
()
23

()
中川
()
坂口
(坂本)
森本
()
田中
(岩井)
横田
(三芳)
徳尾
()
渕江
()
芳賀 リベロ 福島
25 岡村
(手塚)
杉本
()
浅川
(吉本)
東野
()
20

()
中川
()
坂口
()
森本
(坂本)
岩井
()
三芳
()
徳尾
()
渕江
()
芳賀 リベロ 福島

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

1セット目スタートから動きが悪く、富士通チームのブロックに終始押されてしまった。
2セット目からは、少し動きのリズムを掴み、徳尾の連続サーブなどで流れを掴んだが、富士通のオポジットプレーヤーとクイックプレーヤーの攻撃に対応できなかった。
早朝からのゲーム、地元協会と多くの応援ありがとうございました。

要約レポート

開幕3連勝を目指す富士通カワサキレッドスピリッツと前節1勝1敗と今節で勝ちを先行したいトヨタ自動車サンホークスとの対戦は、第1セット序盤は1点を取合う攻防となったが富士通の連続ブロックでリードを広げた。トヨタ自動車も連続サーブエースで追い上げるものの富士通が1セット目を先取する。
第2セット、トヨタ自動車・徳尾の効果的なサーブでリードしたが、中盤は富士通も追い上げる。トヨタ自動車が浅川・徳尾の攻撃などでリードをそのまま広げ、第2セットを取り1-1にした。
第3セット、富士通・中川のサーブポイントなどでリードをし、トヨタ自動車も森本のブロック、徳尾のサーブポイントで同点に追いつき一進一退の攻防が続いた。トヨタ自動車にコンビミスが出て富士通がリードのまま終盤へいき、セットカウント2-1とした。
第4セット、1点ずつ取合う序盤だったが富士通・岩井の連続スパイクで富士通がリードし、トヨタ自動車も徳尾・森本のスパイクで追い上げる。終盤は富士通・岩井のブロックをよく見て打ち分けるスパイクが随所に決まり、最後は富士通・新のサーブポイントで富士通が勝利し開幕3連勝を飾った。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 井上 克彦