V・チャレンジリーグⅠ男子 2015/16 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
504
[開催日]
2015/11/14
[会場]
トヨタスポーツセンター第一体育館
[観客数]
614
[開始時間]
15:00
[終了時間]
17:03
[試合時間]
2:03
[主審]
上土谷 政高
[副審]
内藤 聡美

トヨタ自動車サンホークス

監督: 近藤 浩
コーチ:
通算ポイント: 3
通算: 1勝0敗
3

ポイント
3
22 第1セット
【0:23】
25 1

ポイント
0
25 第2セット
【0:27】
23
25 第3セット
【0:28】
23
37 第4セット
【0:36】
35
第5セット
【】

【 】内はセット時間

警視庁フォートファイターズ

監督: 溝口 正一
コーチ: 井上 人哉
通算ポイント: 0
通算: 0勝1敗

( )内は交代選手

監督コメント

 立ち上がりはスパイク等のミスが多く、リードをされたが、第2セット後半からはレシーブにつながりが出来はじめ、ウィングスパイカーが頑張ってくれた。
 第3セットからクイック攻撃も有効に決まり、第4セットの接戦に勝利する事が出来た。
 ホームゲームでの多くの応援ありがとうございました。

22 二宮
()
徳尾
()
中道
(平林)
鈴木
(佐藤)
25
森本
()
大保
(坂本)
中村
()
小川(功)
()
東野
()
浅川
()
加藤
()
金丸
()
福島 リベロ 石川
25 二宮
()
徳尾
()
中村
()
中道
()
23
森本
()
大保
()
加藤
()
鈴木
(佐藤)
東野
()
浅川
(坂本)
金丸
()
小川(功)
()
福島 リベロ 石川
25 二宮
()
徳尾
()
中道
(平林)
鈴木
(佐藤)
23
森本
(坂本)
大保
()
中村
()
小川(功)
(松本)
東野
()
浅川
()
加藤
()
金丸
()
福島 リベロ 石川
37 二宮
()
徳尾
()
中村
()
中道
(平林)
35
森本
()
大保
()
加藤
()
鈴木
(佐藤)
東野
()
浅川
(坂本)
金丸
()
松本
()
福島 リベロ 石川

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 今年度もV・チャレンジリーグが開幕となりました。
 昨年は序盤での負けがひびき、3位という結果になってしまったことから、今年こそはとの思いで、全員バレーで臨みましたが、トヨタ自動車の粘りに根負けしてしまいました。
 まだ、明日も試合があることから、気持ちを入れ替えて臨みたいと思います。
 今リーグもよろしくお願い致します。
 本日は応援ありがとうございました。

要約レポート

 ホームで開幕を迎えたトヨタ自動車サンホークス対警視庁フォートファイターズの試合。
 第1セット警視庁が一気に5点差を付けてリードするが、トヨタ自動車がキャプテン徳尾にボールを集めて攻撃のリズムをつくり同点に追いついた。そこからは我慢比べの展開がセット終了まで続いたが、警視庁が小川(功)のアタックでトヨタ自動車を突き放し、金丸がブロックを決めセットを奪う。
 第2セットもお互いにミスをして相手に点を与えるという展開であったが、トヨタ自動車は徳尾が強打でチームを引っ張りセットを取り返しセットカウントを1-1にした。
 第3セットにトヨタ自動車はサーブレシーブが安定すると、速攻を絡めた攻撃の組み立てでリズムを掴み、中村のレフトからのアタックによる警視庁の反撃を振り切り、第2セットに続き第3セットも勝ちきった。
 第4セットはお互いに一歩も譲らずデュースが続く白熱した試合となり、最後は3セット目からの攻撃のリズムの中心にいた森本がアタックとブロックで接戦に決着をつけ、ホームでの多くの応援に応えて開幕戦を勝利で飾った。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 水越 義雄