V・チャレンジリーグⅠ男子 2015/16 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
503
[開催日]
2015/11/14
[会場]
トヨタスポーツセンター第一体育館
[観客数]
550
[開始時間]
13:00
[終了時間]
14:20
[試合時間]
1:20
[主審]
有乗 正志
[副審]
竹川 美穂

大同特殊鋼レッドスター

監督: 東岡 昇
コーチ:
通算ポイント: 3
通算: 1勝0敗
3

ポイント
3
25 第1セット
【0:26】
21 0

ポイント
0
25 第2セット
【0:24】
21
25 第3セット
【0:24】
21
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

埼玉アザレア

監督: 工藤 晴康
コーチ: 岩川 泰巳
通算ポイント: 0
通算: 0勝1敗

( )内は交代選手

監督コメント

 リーグ戦開幕を勝利できて嬉しく思います。選手が少し硬かったのか細かなミスの目立つゲーム内容でした。
 明日はホームチームのトヨタ自動車との戦いとなりますが、昨年このコートで負けていますので、全力でぶつかっていきたいと思います。
 応援ありがとうございました。

25 平野
(宮原)
久保田
(草場)

()
金丸
(大野)
21
赤澤
()
辰巳
()
中津
()
石田
()
金澤
()
藤元
()
茂木
()
石川
()
平井 リベロ 川崎
25 平野
()
久保田
()

()
金丸
()
21
赤澤
()
辰巳
(木村)
中津
(大和田)
石田
()
金澤
()
藤元
()
茂木
(笠原)
石川
(新妻)
平井 リベロ 川崎
25 田中
()
久保田
()

()
金丸
()
21
長谷川
()
辰巳
()
大和田
()
大野
(石田)
金澤
()
平野
()
新妻
()
笠原
()
平井 リベロ 川崎

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 開幕戦の緊張の中で始まったチャレンジリーグⅠ第1戦での腕試し。第1セットは石川の強打で点を取るが、大同特殊鋼のブロックに阻まれ徐々に点差が広がり、大同特殊鋼の攻撃を食い止めることはできなかった。
 第2セット、第3セットもブロックとレシーブの良いところが出せず、会場で応援してくれている皆さんの声援に応えることができず残念である。
 振り返りを行い、今後一層努力していきますので、これからも応援よろしくお願いします。
 

要約レポート

 今シーズンの開幕を地元で迎えた大同特殊鋼レッドスターが、粘る埼玉アザレアを振り切りストレートで勝利し、今シーズン幸先の良いスタートを切った。
 大同特殊鋼はキャプテン辰巳がアタックコースを打ち分け、試合を通してコンスタントに得点を重ねた。特にライトからのバックアタックは威力があった。また、高さのあるブロックが埼玉のアタックの威力を弱め、自チームの攻撃のリズムをつくるのに有効に機能していた。
 第3セットはセッターを赤澤から新人の長谷川に交代したが、サービスエースを上げるなど長谷川のサーブの時に連続ポイントが入り、埼玉をリズムにのさせない原動力となっていた。
 埼玉は第1セット序盤は競った戦いを繰り広げたが、大同特殊鋼に2本ブロックで止められて中盤から攻撃のリズムをつくることが出来ず、セットを落とす。第2セット序盤に石川に代わって入った新妻が要所でアタックを決めて反撃し、13-17から3連続得点して1点差まで追いすがるが、ここから3本のサーブミスなどで流れを掴みきれずセットを逃した。
 第3セットはリードしてスタートするが、途中サーブで崩され逆転をされると最後も大同特殊鋼の高いブロックに攻撃を阻まれ試合を落とした。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 水越 義雄