V・プレミアリーグ女子 2015/16 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
380
[開催日]
2016/01/23
[会場]
刈谷市総合運動公園体育館(ウィングアリーナ刈谷)
[観客数]
2,211
[開始時間]
15:40
[終了時間]
18:11
[試合時間]
2:31
[主審]
北村 友香
[副審]
種元 桂子

トヨタ車体クインシーズ

監督: 泉川 正幸
コーチ: 藤本 幹朗
通算ポイント: 21
通算: 7勝13敗
3

ポイント
2
25 第1セット
【0:26】
17 2

ポイント
1
25 第2セット
【0:28】
18
21 第3セット
【0:28】
25
31 第4セット
【0:39】
33
15 第5セット
【0:18】
13

【 】内はセット時間

岡山シーガルズ

監督: 河本 昭義
コーチ: 吉田 啓佑
通算ポイント: 28
通算: 9勝11敗

( )内は交代選手

監督コメント

 本日のホームゲームは大声援の後押しのお陰で、拮抗したゲームを何とかフルセットで勝つ事ができました。
 とにかく相手の素晴らしいディフェンスと、ラリー中でもしっかりと組み立てられるコンビに苦しみましたが、我々もよく我慢し、対応できたと思います。特に4セット目は、相手の粘り強いディフェンスで何度かミスを出してしまい、リードを守りきることができず、完全に相手のペースになってしまったが、5セット目はポリーナにボールを集めて、なんとか勝ちきることができました。
 明日もとにかく1勝できるよう頑張ります。本日のホームゲーム、大声援をいただき本当にありがとうございました。

25 竹田
()
小田
()
佐々木
()
宮下
()
17
平松
(衛藤)
竹内(あ)
()
香野
(川島)
山口
(林)
藤田
()
ポリーナ
()
浅津
(泉)
川畑(愛)
(金田)
佐藤 リベロ 丸山(亜) (吉田)
25 藤田
()
平松
(衛藤)
川島
()
佐々木
()
18
ポリーナ
()
竹田
()
浅津
(泉)
宮下
()
竹内(あ)
()
小田
()
川畑(愛)
(川畑(夏))
山口
(林)
佐藤 リベロ 丸山(亜) (吉田)
21 竹田
()
小田
()
川島
()
川畑(夏)
()
25
平松
()
竹内(あ)
()

(川畑(愛))
宮下
(浅津)
藤田
(比金)
ポリーナ
(村永)
佐々木
()
山口
(香野)
佐藤 リベロ 丸山(亜)
31 ポリーナ
(村永)
藤田
()
川島
()
川畑(夏)
(川畑(愛))
33
竹内(あ)
()
平松
()

()
宮下
(浅津)
小田
()
竹田
()
佐々木
()
山口
(金田)
佐藤 リベロ 丸山(亜)
15 藤田
()
平松
(衛藤)
川島
()
佐々木
()
13
ポリーナ
()
竹田
()

()
宮下
(浅津)
竹内(あ)
()
小田
()
川畑(愛)
(川畑(夏))
山口
()
佐藤 リベロ 丸山(亜)

監督コメント

 1・2セット目の受け身になったシーガルズに対し、車体さんが6位以内死守にかける強い思いで流れをつかみとったゲーム展開となった。
 3セット目から、大学生の川畑夏希がディフェンスでリズムを作りなんとかフルセットに持ち込むことが出来たが、まだまだ気持ちのあり方、シンキングバレーの精度を高めないとファイナル6でも惜しいゲームを落とす原因となる。レギュラーラウンドラスト1試合、課題を残さないように頑張りぬきたい。
 大変寒さの厳しい中、たくさんのご声援ありがとうございました。

要約レポート

 ファイナル6に進む為には今日と明日の試合を連勝することが必須条件のトヨタ車体クインシーズが、地元の大応援団をバックに、今シーズン勝てていなかった岡山シーガルズにフルセットの熱戦で勝利した。
 トヨタ車体は第1セットスタートからコート内の全員で拾ってつなぎ、ポリーナが強打を決めるという形でポイントを重ね、2セットを連取する。セッターの藤田も何本もアタックをレシーブし、全員で拾うという意識がよく表れていた。
 第3セットは、1回目のテクニカルタイムアウトまでは連続得点こそするが点差が開かずシーソーゲームとなるが、岡山の泉がトヨタ車体のポリーナをブロックで止めると、そこから一気に岡山が攻撃のリズムを掴みこのセットを取る。
 第4セットはお互いに一歩も引かず、デュースを重ね、33-31で岡山がセットを取ってフルセットの戦いとなった。
 第5セット、トヨタ車体はポリーナにトスを集める形に加え、平松と竹田(あ)の速攻で攻撃にアクセントを付け得点し勝利した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 水越 義雄