V・プレミアリーグ女子 2015/16 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
372
[開催日]
2016/01/16
[会場]
加古川市立総合体育館
[観客数]
3,000
[開始時間]
15:45
[終了時間]
17:06
[試合時間]
1:21
[主審]
三見 洋子
[副審]
國頭 亮太

久光製薬スプリングス

監督: 中田 久美
コーチ: 加藤 陽一
通算ポイント: 39
通算: 13勝5敗
0

ポイント
0
24 第1セット
【0:25】
26 3

ポイント
3
19 第2セット
【0:27】
25
15 第3セット
【0:23】
25
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

日立リヴァーレ

監督: 松田 明彦
コーチ: 甲斐 祐之
通算ポイント: 33
通算: 12勝6敗

( )内は交代選手

監督コメント

 ホームゲームということで本当に多くの方々のご声援をいただき、心より感謝しています。皆様のご声援に応えることができず、申し訳ない気持ちで一杯です。
 試合は、日立のセッター佐藤選手を中心とした速さのある攻撃の前に最後まで対応できずに終わってしまった。
 本日の敗戦を重く受け止め、明日の試合に向けてしっかり修正し臨んでいきたい。今季最後のホームゲームだがチーム一丸となり勝ちにこだわり戦い抜きたい。

24 石井
()
長岡
(栄)
パオリーニ
(引地)
内瀬戸
()
26
水田
(石橋)
岩坂
()
佐藤(美)
(佐々木)
遠井
(橋本)
古藤
(野本)
新鍋
()
渡邊
()
井上
()
戸江 リベロ 佐藤(あ)
19 石井
(野本)
長岡
()
内瀬戸
()
遠井
(橋本)
25
水田
()
岩坂
()
パオリーニ
(引地)
井上
()
古藤
(栄)
新鍋
()
佐藤(美)
(佐々木)
渡邊
()
戸江 (座安) リベロ 佐藤(あ)
15 長岡
()
岩坂
(石橋)
遠井
(橋本)
井上
()
25
石井
(野本)
新鍋
()
内瀬戸
()
渡邊
()
水田
()
古藤
(栄)
パオリーニ
(引地)
佐藤(美)
(佐々木)
戸江 (座安) リベロ 佐藤(あ)

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 本日は沢山のご声援を賜り、心より感謝申し上げます。久光製薬のホームゲームということもあり、今日の試合は完全アウェイの雰囲気になるだろうと予想していましたが、その雰囲気の中、選手たちは自分たちの持ち味を前面に出し、ゲームを優位に進めてくれました。高いブロックに対してはブロックを利用する攻撃、相手の多彩な攻撃には全員で身をていして守備をしてくれました。少しでも高い順位でファイナル6を目指す我々にとって、この1勝はとても大きなものとなります。
 この勢いで明日の岡山戦も全力で戦っていきますので、応援宜しくお願い致します。本日はありがとうございました。

要約レポート

 ここまで日立リヴァーレとの対戦では勝ち星のない久光製薬スプリングス。
 第1セット目は久光がリードしつつも互いに1点を取り合う接戦となった。久光は岩坂の速攻、長岡のバックアタックで中盤から流れを作り先に20点に到達したが、日立も内瀬戸、パオリーニの連続得点から流れを取り返し、デュースの末に第1セット目を先取した。
 第2セット目は序盤から日立リードの展開となった。内瀬戸、遠井のアタック、佐藤の好レシーブから立て続けに得点して勢いづくと、中盤からは渡邊のサイド攻撃が連続して決まり、最後まで日立のペースでセットを連取した。
 第3セット目は後がない久光は岩坂、長岡、新鍋の攻撃で流れを掴もうとするが、サーブ、アタックが決まらず、日立がストレートで勝利した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 髙濵 祐介