V・プレミアリーグ女子 2015/16 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
365
[開催日]
2016/01/10
[会場]
ジップアリーナ岡山(旧:桃太郎アリーナ)
[観客数]
3,400
[開始時間]
15:20
[終了時間]
17:15
[試合時間]
1:55
[主審]
佐々木 伸子
[副審]
北村 友香

東レアローズ

監督: 福田 康弘
コーチ: 越谷 章
通算ポイント: 38
通算: 13勝4敗
3

ポイント
3
25 第1セット
【0:22】
17 1

ポイント
0
25 第2セット
【0:32】
27
25 第3セット
【0:27】
21
25 第4セット
【0:25】
14
第5セット
【】

【 】内はセット時間

デンソーエアリービーズ

監督: 山口 祐之
コーチ: 尾崎 侯
通算ポイント: 18
通算: 7勝10敗

( )内は交代選手

監督コメント

勝ち点3を取ることができたが、優勝するためには、まだまだ個人とチームのプレーと心の質を上げなければいけない。
一つ一つのプレーや、その時の考え方をチームが意識をしながら、この3レグを戦っていきたい。
本日はご声援をいただき、本当にありがとうございました。

25 迫田
()
高田
()
坂本
(中川)
森田
(鈴木)
17
伊藤
()
大野
(下平)
石井
()
大竹
()
田代
()
木村(沙)
()
石田
()
鍋谷
()
木村(美) リベロ 小口
25 伊藤
()
迫田
()
坂本
()
森田
(堀江)
27
田代
(峯村)
高田
(白井)
石井
()
大竹
()
木村(沙)
()
大野
(杉原)
石田
(田原)
鍋谷
()
木村(美) リベロ 小口
25 迫田
(杉原)
高田
()
坂本
()
森田
(堀江)
21
伊藤
()
大野
(下平)
石井
()
大竹
()
田代
(白井)
木村(沙)
()
石田
(田原)
鍋谷
()
木村(美) リベロ 小口
25 伊藤
()
迫田
(杉原)
坂本
(中川)
森田
(田原)
14
白井
()
高田
(堀川)
石井
()
大竹
()
木村(沙)
()
大野
(下平)
石田
()
鍋谷
()
木村(美) リベロ 小口

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

予想通りのサーブとサーブレシーブの勝負になったが、第3セットまでは我慢をしながら周りがカバーをし、オフェンスもいい部分が出ていたので、勝負はできていた。
しかし、その後、点数を取れる場面で少しずつ逃し始めたのが、最後のセットにそのまま出てしまった。
今年最初の2試合でたくさんいいところが出た。
今日の負けを切り替えて、来週の試合でもベストを尽くしたい。
たくさんの応援をありがとうございました。

要約レポート

 昨日、両チーム共に勝利をし、このまま波に乗りたい東レアローズとデンソーエアリービーズの一戦。
 第1セット、序盤から両チームが譲らない展開の中、中盤でのデンソーのミスにつけこみ、東レがじりじりと得点差を広げ、木村(沙)のサービスエースから一気に引き離し、第1セットを東レが先取した。
 第2セットは、中盤から東レが得点を重ねリードするが、デンソーは鍋谷にボールを集め、反撃する。そこから一進一退の攻防となり、最後はデンソーが振り切り、セットを取り返した。
 第3セット、両チーム1点を取り合う試合展開となる。東レはセッターを白井に代え攻撃のリズムを変え、終盤、迫田、伊東の活躍で得点を重ね、このセットをものにした。
 第4セット、東レは前のセットの良い流れのまま、序盤から迫田の活躍で得点を一気に重ね、デンソーを突き放した。追いかけるデンソーも、セッターを田原に代え、リズムを変えようとするが、東レの勢いは止まらなかった。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 桶野 征範