V・プレミアリーグ女子 2015/16 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
362
[開催日]
2016/01/09
[会場]
ジップアリーナ岡山(旧:桃太郎アリーナ)
[観客数]
3,500
[開始時間]
14:05
[終了時間]
15:31
[試合時間]
1:26
[主審]
北村 友香
[副審]
佐々木 伸子

岡山シーガルズ

監督: 河本 昭義
コーチ: 吉田 啓佑
通算ポイント: 21
通算: 7勝9敗
0

ポイント
0
20 第1セット
【0:25】
25 3

ポイント
3
19 第2セット
【0:26】
25
22 第3セット
【0:29】
25
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

デンソーエアリービーズ

監督: 山口 祐之
コーチ: 尾崎 侯
通算ポイント: 18
通算: 7勝9敗

( )内は交代選手

監督コメント

年明けのホームゲームで力みが最後まで抜けきれず、責任を各自が背負いすぎたゲームだった。
第3セットは、新人の居村、金田がムードを一新した時間があったが、その時間も長くはもたなかった。
ホームゲーム2戦目となる明日は、核となる選手たちが挑戦し、攻める気持ちを忘れず、やりきることが大切である。
レギュラーラウンドラスト5戦、非常に大事なゲームで、息を抜く試合は全くない。
今日の教訓を肝に銘じ、各自が自分の仕事をやりきりたい。
大変多くのファンの皆様の前で勝利を贈れなかったことを反省し、明日は勝利へと全員でトライしたい。
明日も熱いご声援をよろしくお願いします。

20 川畑(愛)
(金田)
浅津
(泉)
坂本
()
森田
(鈴木)
25
山口
(大升)
香野
()
石井
()
大竹
()
宮下
()
佐々木
()
石田
()
鍋谷
()
丸山(亜) リベロ 小口
19 山口
(居村)
川畑(愛)
(金田)
石田
()
石井
()
25
宮下
(泉)
浅津
(宇賀神)
鍋谷
()
坂本
(中川)
佐々木
()
香野
()
大竹
()
森田
(鈴木)
丸山(亜) (森田) リベロ 小口
22 川畑(愛)
()
金田
(浅津)
坂本
()
森田
(堀江)
25
居村
(香野)
山口
(大升)
石井
()
大竹
()
宮下
()
佐々木
()
石田
(田原)
鍋谷
()
丸山(亜) リベロ 小口

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

2016年の最初のゲームということで何としてでも勝ちを取りたい一戦でした。
年末年始の練習では、チームの弱点であるオフェンスの部分を修正してきました。
その部分が、今日の試合では上手く成果として表れ、勢いのある試合運びができました。
また、サーブも積極的に打つことができ、守りやすい状況が多く作れたことも勝因の一つになりました。
明日も、スタートから攻め続け、チーム全員で勝ちにこだわっていきます。
たくさんの応援をありがとうございました。
本年もどうぞよろしくお願い致します。

要約レポート

 今季対戦した2試合ともフルセットの熱戦を演じている両チームの対戦は、岡山シーガルズのホームゲームで行われた。
 第1セットは、デンソーエアリービーズが序盤、効果的なブロックで岡山に攻撃のリズムを掴ませなかった。岡山も中盤から佐々木や川畑(愛)の攻撃でリズムを取り戻したかに見えたが、最後まで追いつくことはできなかった。
 第2セットは、デンソーの大竹の高さを生かした攻撃が序盤からさえ、終始リードを奪った。岡山もメンバーチェンジなどで流れを変えようとしたが、届かなかった。
 第3セットは、岡山が、山口や居村の速攻でリードした。デンソーも中盤から、鍋谷のサーブなどで岡山の守備を崩して追いつき、最後は好調の石田のアタックが決まり、ストレートで勝利した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 小坂 宣利