V・プレミアリーグ女子 2015/16 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
361
[開催日]
2016/01/09
[会場]
ジップアリーナ岡山(旧:桃太郎アリーナ)
[観客数]
3,300
[開始時間]
16:15
[終了時間]
18:06
[試合時間]
1:51
[主審]
國頭 亮太
[副審]
小野 将人

NECレッドロケッツ

監督: 山田 晃豊
コーチ: 大村 悟
通算ポイント: 23
通算: 6勝10敗
1

ポイント
0
21 第1セット
【0:25】
25 3

ポイント
3
25 第2セット
【0:29】
22
19 第3セット
【0:25】
25
15 第4セット
【0:23】
25
第5セット
【】

【 】内はセット時間

東レアローズ

監督: 福田 康弘
コーチ: 越谷 章
通算ポイント: 35
通算: 12勝4敗

( )内は交代選手

監督コメント

明けましておめでとうございます。本年もNECレッドロケッツをよろしくお願いします。
本日のゲームでは、第2セットこそ取ったものの、第1セットを自チームのミスで取れなかったことが敗因だった。勝てるチャンスはあったものの、自分たちのバレーができず崩れてしまい、メンタルの弱さが出てしまった。
明日のゲームでは、もう一度気持ちを引き締めて戦っていきたい。
本日も応援ありがとうございました。

21 白垣
(岩崎)
柳田
(イエリズ)
大野
(下平)
木村(沙)
()
25
島村
()
家高
(上野)
高田
(堀川)
田代
()
山口
()
古賀
()
迫田
(杉原)
伊藤
()
鳥越 リベロ 木村(美)
25 白垣
(岩崎)
柳田
(イエリズ)
木村(沙)
()
田代
(峯村)
22
島村
()
上野
()
大野
(杉原)
伊藤
()
山口
(大野)
古賀
()
高田
(白井)
迫田
()
鳥越 リベロ 木村(美)
19 白垣
(小山)
柳田
()
大野
(下平)
木村(沙)
()
25
島村
()
上野
(大野)
高田
()
田代
()
山口
()
古賀
(岩崎)
迫田
(杉原)
伊藤
()
鳥越 リベロ 木村(美)
15 小山
(白垣)
柳田
()
木村(沙)
()
田代
(峯村)
25
島村
()
上野
()
大野
(下平)
伊藤
()
山口
(奥山)
古賀
()
高田
(白井)
迫田
()
鳥越 リベロ 木村(美)

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

年明けのゲームで3ポイントを取れたことは良かった。
相手の強力なミドルゾーンからの攻撃を封じたことや、要所で相手のサイド攻撃をディフェンスできたことが、勝因と感じる。
明日も個々で勝負するのではなく、「チーム力」を常に意識しながら、全員で戦いたい。
本日は多くのご声援、誠にありがとうございました。

要約レポート

 今シーズン11勝4敗と好調の2位東レアローズと、6勝9敗と波に乗りきれない4位のNECレッドロケッツとの対戦は、手に汗握る対戦となった。
 第1セットは、序盤から1点を取り合う展開となったが、東レの木村(沙)のスパイクで得点を重ね、リードを奪った。中盤、NECの柳田のサーブが効果的に決まり追い上げるも、序盤のリードを守り切った東レが、第1セットを先取した。
 第2セットは、序盤からNECの古賀のブロック、スパイクで抜け出した。中盤以降、1点を取り合う展開となったが、終盤、柳田のサービスエースで流れを引き寄せた。その後、リードを奪ったNECが第2セットを取り返した。
 第3セットも両チーム互角の攻防の展開であったが、東レがしぶとくレシーブでつなぎ、NECの攻撃をブロックで止め、ゲームの流れを引き寄せた。終盤、追いすがるNECを東レの迫田のバックアタックなどで退け、東レが第3セットを取った。
 第4セット、序盤から緊迫した展開となったが、東レの木村(沙)のブロックで流れに乗り、一気に点差を広げた。NECも選手交代で流れを変えようとするが、東レの勢いを止めることができず、一方的な展開となった。第4セットは東レが取り、勝利を収めた。
 東レは、2016年の初戦を白星で飾り、V・ファイナルステージ進出を決めた。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 山木 潤一