V・プレミアリーグ女子 2015/16 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
360
[開催日]
2015/12/13
[会場]
岡崎中央総合公園総合体育館
[観客数]
2,050
[開始時間]
15:05
[終了時間]
16:22
[試合時間]
1:17
[主審]
國頭 亮太
[副審]
山本 和良

デンソーエアリービーズ

監督: 山口 祐之
コーチ: 尾崎 侯
通算ポイント: 15
通算: 6勝9敗
0

ポイント
0
24 第1セット
【0:30】
26 3

ポイント
3
13 第2セット
【0:20】
25
11 第3セット
【0:21】
25
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

久光製薬スプリングス

監督: 中田 久美
コーチ: 加藤 陽一
通算ポイント: 33
通算: 11勝4敗

( )内は交代選手

監督コメント

 第1セットが全てだった。スタートから拾ってつないでと自分たちの持ち味が出て、よいリズムで試合が進んでいった。終盤も一時は点差をつけられながらよく追いついたが、最後の1点を取りきれなかった。
 もう一度、全ての技術、コンビなどを鍛え直し、年明けの試合では強いエアリービーズをファンの皆様にお見せできますよう、しっかりと頑張ります。
 本日はたくさんの応援をありがとうございました。来年も熱いご声援をお願いします。

24 大竹
(堀江)
鍋谷
()
新鍋
()
古藤
(栄)
26
森田
(鈴木)
石井
(田原)
岩坂
()
水田
()
坂本
()
橋本
()
長岡
(中大路)
石井
()
小口 リベロ 戸江
13 大竹
()
鍋谷
()
新鍋
(南波)
古藤
(ボカン)
25
森田
(鈴木)
石井
(中川)
岩坂
()
水田
()
坂本
()
橋本
(丸元)
長岡
(中大路)
石井
()
小口 リベロ 戸江
11 大竹
()
鍋谷
()
新鍋
()
古藤
(栄)
25
森田
(鈴木)
石井
()
岩坂
(石橋)
水田
()
坂本
(中川)
橋本
(丸元)
長岡
(中大路)
石井
(野本)
小口 リベロ 戸江

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 本日の試合は、第1セットはミスが目立ち、最後まで競った展開となってしまった。
 それでも第2セット以降は徐々に自分たちのペースをつかみ、安定した戦いをすることができた。
 また、控えの選手を積極的に起用しチームの総力を挙げて戦えたことも、今後の明るい材料となるよう期待したい。
 昨日に引き続き、温かいご声援ありがとうございました。3レグが始まりリーグも後半に入りましたが、もう一度チームで結束して戦い抜きたいと思います。

要約レポート

 順位に開きがある久光製薬スプリングスとデンソーエアリービーズだが、直接対決はこれまで1勝1敗であり、しかもデンソーのホームゲームということで、出だしはデンソーのペースで試合が進んだ。しかし、久光製薬が徐々に底力を見せ、終わってみれば大差での勝利となった。
 第1セット、久光製薬は、序盤からデンソーのブロックやサーブに苦しみ、中盤も4連続得点等でリードを広げられ、最大4点のビハインドで終盤を迎えた。しかし、18-21からの6連続得点で逆転し、土壇場で息を吹き返した。水田の2本のブロック、新鍋のレフトからのアタックによる2得点が、それまで苦しんできたチームを助けた。
 第2セットは、久光製薬・新鍋が緩急を織り交ぜたりブロックアウトを狙ったりと、14-5とするまでにアタックで6得点を挙げ、チームに貢献した。中盤は古藤が2本のサービスエースを奪うなどして5連続得点を奪い、さらに点差を広げて勝ちきった。
 第3セット、序盤から新鍋のレフトからストレートへの攻撃が決まった。終盤は18-7から入った石橋が2本連続でサービスエースを奪い、さらに途中交代の野本がブロックやアタックで活躍した。久光製薬は選手1人1人が役割をしっかり果たし、文字通り「全員バレー」で勝利を収めた。
 久光製薬は通算ポイントを33に伸ばし、1位を維持したまま第3レグのスタートを切った。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 冨田 崇