V・プレミアリーグ女子 2015/16 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
356
[開催日]
2015/12/12
[会場]
岡崎中央総合公園総合体育館
[観客数]
1,485
[開始時間]
16:00
[終了時間]
17:22
[試合時間]
1:22
[主審]
森口 豊
[副審]
北村 友香

デンソーエアリービーズ

監督: 山口 祐之
コーチ: 尾崎 侯
通算ポイント: 15
通算: 6勝8敗
0

ポイント
0
21 第1セット
【0:27】
25 3

ポイント
3
16 第2セット
【0:23】
25
21 第3セット
【0:26】
25
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

上尾メディックス

監督: 吉田 敏明
コーチ: 箕輪 憲吾
通算ポイント: 16
通算: 5勝9敗

( )内は交代選手

監督コメント

 第2レグ最終戦を勝って第3レグに臨みたかったが、攻守が上手くかみ合わず、拾って繋いでも点数を取りきれなかった。
 お互いに情報も揃っている中の勝負なので、もう一度しっかりとチームの約束事や技術を徹底していきたい。
 明日は第3レグのスタートで年内最後のリーグ戦なので全員で力を出し切って戦いたい。
 たくさんの応援をありがとうございました。

21 大竹
(堀江)
坂本
(田原)
荒木(絵)
()
近藤
()
25
森田
(橋本)
鍋谷
()
土田
(富永)
マーフィー
()
ミア
()
石井
()
荒木(夕)
(大室)
丸山
(松本)
小口 リベロ 山岸
16 大竹
()
坂本
(田原)
荒木(絵)
()
近藤
()
25
森田
(橋本)
鍋谷
()
土田
()
マーフィー
()
ミア
()
石井
(中川)
荒木(夕)
()
丸山
(松本)
小口 リベロ 山岸
21 大竹
(堀江)
鍋谷
()
荒木(絵)
()
近藤
()
25
森田
(丸元)
石井
()
土田
(富永)
マーフィー
()
ミア
()
橋本
()
荒木(夕)
(大室)
丸山
()
小口 リベロ 山岸

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 第2レグの最終戦を良い形で勝利できたことを嬉しく思います。今日の試合の重要性は誰よりも選手が感じてた結果です。
 第1セット前半、荒木(絵)のブロックで流れを掴めたことが勝因です。第3セット、7-12からマーフィーのサーブで追いつき逆転できたことも第3レグの戦いに繋がるでしょう。
 今リーグ初の連勝を明日の試合に繋げたいと思います。本日も多くのご声援ありがとうございました。

要約レポート

 デンソーエアリービーズがホームに上尾メディックスを迎えての一戦は、ポイントで2点差の7位の上尾がセットカウント3-0のストレートで勝利し、第2レグを6位で終えてファイナル6への進出に望みをつないだ。
 第1セット、上尾は荒木(絵)が5本のブロックを決めるなどチームを引っ張り、粘るデンソーをキャプテン土田のサービスエースで振り切ってセットを奪う。デンソーも出だしに上尾・丸山のサーブで崩されて5連続得点を奪われるが、鍋谷のアタック、坂本のブロックなどで反撃し1点差まで追いつく。しかし荒木(絵)にブロックで反撃の勢いを止められてしまった。
 第2セット、上尾は近藤のアタックと荒木(絵)のセンターからの速い攻撃がよく機能し、ポイントを重ねた。近藤は相手コートを見てアタックを決めていたのが光っていた。デンソーも大竹、森田のブロックや坂本のアタックで攻撃のリズムを作ろうとするが、ミアのアタックを上尾にレシーブされて得点につなげられなかったのが痛かった。
 第3セット、デンソーが石井のサーブの時に攻撃の歯車が噛合い、連続ポイントを奪い4点差でこの試合初めてテクニカルタイムアウトを自チームのポイントで迎えるが、2回目のテクニカルタイムアウトの後、上尾のマーフィーと近藤が意地を見せ攻撃のリズムを立て直し逆転で勝利をかざった。
  

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 水越 義雄