V・プレミアリーグ女子 2015/16 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
355
[開催日]
2015/12/12
[会場]
岡崎中央総合公園総合体育館
[観客数]
1,520
[開始時間]
13:05
[終了時間]
15:23
[試合時間]
2:18
[主審]
山本 和良
[副審]
國頭 亮太

久光製薬スプリングス

監督: 中田 久美
コーチ: 加藤 陽一
通算ポイント: 30
通算: 10勝4敗
3

ポイント
2
27 第1セット
【0:29】
25 2

ポイント
1
22 第2セット
【0:26】
25
25 第3セット
【0:26】
21
20 第4セット
【0:29】
25
15 第5セット
【0:16】
9

【 】内はセット時間

岡山シーガルズ

監督: 河本 昭義
コーチ: 吉田 啓佑
通算ポイント: 18
通算: 6勝8敗

( )内は交代選手

監督コメント

 岡山シーガルズの強弱をつけた攻撃に終始ペースを崩されてしまいました。それでも第5セットは全員が集中力を保ち、チームが一つになって戦えたように思います。
 最後までもつれる展開となりましたが皆様の熱いご声援の後押しもあり、勝利することができました。ありがとうございました。
 明日の試合も疲労が残る中ではありますが総力をあげて戦います。

27 石井
()
長岡
(栄)
川島
(山口)
佐々木
(金田)
25
水田
()
岩坂
()
浅津
(泉)
宮下
()
古藤
(野本)
新鍋
()
川畑(愛)
()
香野
()
戸江 リベロ 丸山(亜) (楢崎)
22 石井
()
長岡
(栄)
金田
()
宮下
()
25
水田
()
岩坂
()
川島
()
香野
()
古藤
(野本)
新鍋
()
浅津
(泉)
川畑(愛)
()
戸江 リベロ 丸山(亜) (楢崎)
25 石井
()
長岡
()
川島
()
金田
(佐々木)
21
水田
()
岩坂
(石橋)
浅津
(泉)
宮下
()
古藤
(栄)
新鍋
(野本)
川畑(愛)
()
香野
()
戸江 リベロ 丸山(亜) (楢崎)
20 石井
()
長岡
()
佐々木
(金田)
宮下
()
25
水田
()
岩坂
(石橋)
川島
(山口)
香野
()
古藤
(栄)
新鍋
()

(浅津)
川畑(愛)
()
戸江 リベロ 丸山(亜)
15 石井
()
長岡
()
佐々木
(林)
宮下
()
9
水田
()
岩坂
()
香野
()
山口
(川島)
古藤
(栄)
新鍋
(野本)
浅津
(泉)
川畑(愛)
(金田)
戸江 リベロ 丸山(亜)

監督コメント

 スムーズなゲーム展開で流れていただけに実に惜しまれる結果となった。スタートで攻め急ぎ、予測できない空気が流れたことでチームとして対応しきれなかった。
 気持ちを切り替え明日の試合に臨みたい。本日は熱いご声援を頂きありがとうございました。

要約レポート

 岡山シーガルスと久光製薬スプリングスの第2レグ最後の戦いは、フルセットの末、久光製薬が勝利し、第3レグに向け良い形で締め括った。
 第1セット、序盤より久光製薬がサーブで攻め、攻撃ではライトを軸にして、最大6点をリードした。しかし、岡山の川島の速攻が冴え、久光製薬のミスも続き中盤で追いついた。そのまま終盤までもつれ込んだが、久光製薬の石井のブロックと高さある速攻でセットを取った。
 第2セット、中盤まで競り合うも、2セット目からスターティングメンバーで入った岡山の金田のスパイクとサービスエースを含めた3連続ポイントで抜け出し、セットを奪取した。
 第3セット、一進一退でもつれ込む中、19-18で久光製薬の石橋のサーブで相手を崩し一気に抜け出し、最後もメンバーチェンジで入った久光製薬の野本のブロックでセットを奪取し、中田監督の采配が奏功した。
 第4セットも中盤まで競り合うも13-12で岡山の香野と川島のブロックでリードし、そのままセットをものにした。香野はこの試合、ブロックだけで計5点取り、チームの中での存在感をアピールした。
 最終セット、長いラリーが多く会場の歓声が沸きあがる中、攻めの姿勢を崩さなかった久光製薬が徐々にリードし、岩坂の3連続ポイントで一気に波に乗り、勝利を掴んだ。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 鷲野 由梨子