V・プレミアリーグ女子 2015/16 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
351
[開催日]
2015/12/06
[会場]
いしかわ総合スポーツセンター
[観客数]
2,108
[開始時間]
13:00
[終了時間]
15:08
[試合時間]
2:08
[主審]
服部 篤史
[副審]
グレッグ ルーオー

岡山シーガルズ

監督: 河本 昭義
コーチ: 吉田 啓佑
通算ポイント: 17
通算: 6勝7敗
2

ポイント
1
21 第1セット
【0:27】
25 3

ポイント
2
25 第2セット
【0:22】
14
18 第3セット
【0:27】
25
25 第4セット
【0:21】
10
12 第5セット
【0:19】
15

【 】内はセット時間

デンソーエアリービーズ

監督: 山口 祐之
コーチ: 尾崎 侯
通算ポイント: 15
通算: 6勝7敗

( )内は交代選手

監督コメント

第1,3セットの攻防の中で課題である攻めのやりきらなくてはいけないことの意識が足りない。真剣になりすぎて相手に運を持っていかれた場面もあったが、反省すべき点は反省し、2レグの締めくくりとして来週に臨みたい。大変寒い中2日間に渡りたくさんの地元のファンの方々をはじめ多くのご声援を頂いたことに深く感謝いたします。

21 香野
()
川畑(愛)
(金田)
石井
()
ミア
()
25
宮下
()
浅津
(泉)
鍋谷
()
森田
(橋本)
佐々木
(大升)
川島
(山口)
坂本
(田原)
大竹
(堀江)
丸山(亜) リベロ 山田
25 佐々木
(川畑(愛))
浅津
(泉)
石井
()
ミア
()
14
香野
()
山口
(川島)
鍋谷
()
森田
(田原)
宮下
()
金田
()
坂本
()
大竹
(橋本)
丸山(亜) リベロ 山田
18 香野
(浅津)
川畑(愛)
(佐々木)
石井
()
ミア
()
25
宮下
(大升)

()
鍋谷
()
森田
(田原)
金田
()
山口
(川島)
坂本
(中川)
大竹
(堀江)
丸山(亜) リベロ 山田 (小口)
25 川畑(愛)
()

(佐々木)
石井
()
ミア
()
10
山口
()
川島
(香野)
鍋谷
()
田原
(森田)
宮下
(宇賀神)
金田
()
坂本
()
大竹
()
丸山(亜) リベロ 山田 (小口)
12 川畑(愛)
()

(佐々木)
橋本
()
ミア
()
15
山口
(香野)
川島
()
石井
(中川)
森田
()
宮下
()
金田
()
鍋谷
()
大竹
(堀江)
丸山(亜) リベロ 山田 (小口)

監督コメント

チームの持ち味のいい所、悪い所が極端に出た試合となった。まだまだチームが技術的にも精神的にも安定していないということを認識した。最後勝ち切ったことはプラスに考えつつ、もう一度、自分達を見つめ直し来週のホームゲームに向けてしっかりと準備したい。たくさんの応援をありがとうございました。

要約レポート

 昨日はともに負けており今日はお互いに負けられない戦いとなった岡山シーガルズとデンソーエアリーズの試合は、第1セット序盤デンソーは大竹のブロック、ミアの豪快なスパイクが決まり優位に試合を進めていく。その後岡山は浅津、川畑(愛)がサイドから効果的に攻撃を決め追いつくが、デンソー・ミアがレフトからの攻撃を次々と決め、デンソーがセットを先取した。
 第2セット、デンソーの攻撃はミスが続き、徐々に岡山がリードを広げていく。その後も岡山は泉の活躍により得点を重ね、セットを奪い返した。
 第3セット、両者譲らない一進一退の攻防が序盤繰り広げられる。岡山は粘り強いレシーブを川畑(愛)、泉の攻撃につなげリードするが、大竹、坂本の切れのあるスパイクで得点を重ねるデンソーに逆転を許し、デンソーがセットを奪った。
 第4セット、岡山は本来のリズムで有利に試合を展開し、セットを奪いフルセットに持ち込んだ。
 最終セット、お互いに点を取り合う緊迫した展開が終盤まで続く。デンソーは大竹の連続スパイクポイントで抜け出すと、追いすがる岡山を振り切り勝利を飾った。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 森 博之