V・プレミアリーグ女子 2015/16 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
350
[開催日]
2015/12/06
[会場]
函館アリーナ
[観客数]
2,220
[開始時間]
15:50
[終了時間]
17:12
[試合時間]
1:22
[主審]
明井 寿枝
[副審]
印藤 智一

久光製薬スプリングス

監督: 中田 久美
コーチ: 加藤 陽一
通算ポイント: 28
通算: 9勝4敗
3

ポイント
3
25 第1セット
【0:24】
17 0

ポイント
0
25 第2セット
【0:28】
23
25 第3セット
【0:24】
22
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

トヨタ車体クインシーズ

監督: 泉川 正幸
コーチ: 藤本 幹朗
通算ポイント: 11
通算: 3勝10敗

( )内は交代選手

監督コメント

本日も大変寒い中、最後まで温かいご声援をいただき、ありがとうございました。
高さとパワーを兼ね備えたポリーナ選手に対し、ブロック、ディフェンスを整備して臨んだが、それを持ってしても容易には戦わせてもらえませんでした。
それでも私たちは確実に得点を重ね、緊迫したゲームを勝ちきることができたことを素直に喜びたいと思います。
函館での連勝に満足することなく、今後ともチーム力向上に努めていきたいと考えています。
引き続き久光製薬スプリングスをよろしくお願いします。

25 水田
(石橋)
石井
()
高橋
()
藤田
()
17
古藤
(野本)
長岡
(中大路)
衛藤
()
平松
(竹内(あ))
新鍋
()
岩坂
()
山田(真)
(村永)
ポリーナ
()
戸江 リベロ 佐藤
25 水田
(石橋)
石井
()
衛藤
()
高橋
()
23
古藤
(野本)
長岡
(中大路)
村永
(竹田)
藤田
(竹内(あ))
新鍋
()
岩坂
()
ポリーナ
()
平松
(山田(真))
戸江 リベロ 佐藤
25 水田
(石橋)
石井
()
ポリーナ
()
藤田
()
22
古藤
(野本)
長岡
(中大路)
衛藤
()
平松
()
新鍋
()
岩坂
()
村永
()
高橋
(竹田)
戸江 リベロ 佐藤

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

今日は決定力の高い相手だっただけに、サーブとブロックがゲームの勝敗を分けると考えていたが、相手のスパイクになかなか対応できず苦しい展開となってしまいました。
2,3セットと何とかサイドアウトをとって拮抗した内容になりはしたものの、最後は地力の差が出たと思います。
年内は残すところ2試合となりましたが、とにかく我々の出せるものをすべて出し切って、次につなげていきたいと思います。
本日も遠方よりご来場いただき、ありがとうございました。

要約レポート

函館大会初日を共に勝利した久光製薬スプリングスとトヨタ車体クインシーズとの対戦。
第1セット、久光製薬は古藤の巧みなトス回しによって石井、新鍋のサイド攻撃、岩坂のクイックで得点を重ね、終始リードを保ったまま追いすがるトヨタ車体を引き離し、このセットを先取。
続く第2セット、エース・ポリーナのアタックやライトへの移動攻撃を中心に組み立てたトヨタ車体と多彩なコンビからの攻撃の久光製薬とが互いに譲らず、終盤まで1点を争う大接戦となるが、ポリーナを止めた岩坂のブロックで24点目を取った久光製薬が、そのままこのセットを連取。
序盤からの一進一退が続く第3セット、石井のサービスエース、新鍋のブロックで抜け出したかと思われた久光製薬だったが、トヨタ車体も平松のブロック、髙橋のサービスエース、ポリーナの攻撃で21-21まで追いつく。
最後はポリーナをマークしていた岩坂のブロックが決まり、ストレートで久光製薬が勝利した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 久保田 浩紀