V・プレミアリーグ女子 2015/16 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
347
[開催日]
2015/12/05
[会場]
いしかわ総合スポーツセンター
[観客数]
1,950
[開始時間]
14:00
[終了時間]
15:49
[試合時間]
1:49
[主審]
グレッグ ルーオー
[副審]
服部 篤史

岡山シーガルズ

監督: 河本 昭義
コーチ: 吉田 啓佑
通算ポイント: 16
通算: 6勝6敗
1

ポイント
0
23 第1セット
【0:27】
25 3

ポイント
3
11 第2セット
【0:22】
25
25 第3セット
【0:25】
21
17 第4セット
【0:26】
25
第5セット
【】

【 】内はセット時間

日立リヴァーレ

監督: 松田 明彦
コーチ: 甲斐 祐之
通算ポイント: 20
通算: 8勝4敗

( )内は交代選手

監督コメント

前回ストレートで勝利した日立に気負いがないように臨んだが、1セット目の攻防で先手を取った時に力みが出てしまった。この焦りが大きな敗因となった。
気持ちを切り替え、今日の反省を明日のデンソー戦に生かしたい。
本日は大変寒い中、多くのファンの皆様にご声援頂き、ありがとうございました。明日もよろしくお願いします。

23 川畑(愛)
(金田)
浅津
(泉)
遠井
(橋本)
井上
()
25
山口
(香野)
川島
()
内瀬戸
()
渡邊
()
宮下
()
佐々木
()
パオリーニ
()
佐藤(美)
()
丸山(亜) (吉田) リベロ 佐藤(あ)
11 山口
(高野)
川畑(愛)
(今野)
パオリーニ
(引地)
内瀬戸
()
25
宮下
(宇賀神)

(浅津)
佐藤(美)
(栗原)
遠井
(橋本)
佐々木
(金田)
香野
()
渡邊
()
井上
()
丸山(亜) (吉田) リベロ 佐藤(あ)
25 佐々木
()
浅津
(泉)
遠井
()
井上
()
21
川島
(山口)
香野
()
内瀬戸
()
渡邊
()
宮下
()
金田
()
パオリーニ
(引地)
佐藤(美)
()
丸山(亜) リベロ 佐藤(あ)
17 川島
(山口)
佐々木
()
パオリーニ
()
内瀬戸
()
25
宮下
(浅津)

()
佐藤(美)
()
遠井
()
金田
(今野)
香野
()
渡邊
()
井上
()
丸山(亜) リベロ 佐藤(あ)

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

本日は、沢山のご声援を賜り心より感謝申し上げます。
立ち上がりからサーブで攻め、ブロックで引っかけて切り返すことが出来、リズムを引き寄せることが出来ました。岡山の雰囲気に飲まれないよう、自分たちらしいプレーをしていこうと話した通りのゲーム展開をすることが出来たので、良かったと思います。
明日は、開幕戦で敗れている東レとのゲームなので、挑戦者の気持ちで思い切り挑みたいと思います。本日は本当にありがとうございました。

要約レポート

現在、4位の日立リヴァーレと5位の岡山シーガルズの互いに上位を目指すに落とせない一戦。
第1セット、互いにレシーブを上げるが、細かいミスで失点する岡山に対し、日立は渡邊がレフトから強打を確実に決めリードする。
中盤、岡山のピンチサーバー金田のサーブを機に逆転、泉を投入するが、日立はパオリーニがブロック、最後は渡邊がブロックを決め25-22で第1セットを得る。
第2セット、日立はパオリーニの速攻やブロックで加点、8-1と一気にリードを広げる。岡山はスターティングプレーヤーを5名入れ替えるが、日立の勢いは止まることなく、セッター佐藤(美)が各アタッカーにトスを配球、25-11で第2セットをものにする。
第3セット、日立はパオリーニ、井上の速攻でポイントするが、ミスも多く波に乗り切れない。終盤に入り、岡山は丸山の好レシーブから佐々木や山口のスパイクでポイントを重ね、25-21でセットをものにする。
第4セット、岡山はセッター宮下にボールが集まり、多彩な攻めを組み立て、序盤をリードする。さらに山口にボールを集め引き離そうとするが、日立遠井のブロックや井上の速攻で逆転を許す。岡山は今野のブロックや泉の強打で食い下がるが、最後はパオリーニのブロックで、25-17でセットを得て、セットカウント3-1で日立が勝利した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 波佐間 英之