V・プレミアリーグ女子 2015/16 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
343
[開催日]
2015/11/29
[会場]
春日井市総合体育館
[観客数]
3,050
[開始時間]
13:00
[終了時間]
14:23
[試合時間]
1:23
[主審]
高橋 弘二
[副審]
佐々木 伸子

久光製薬スプリングス

監督: 中田 久美
コーチ: 加藤 陽一
通算ポイント: 22
通算: 7勝4敗
3

ポイント
3
25 第1セット
【0:25】
19 0

ポイント
0
25 第2セット
【0:25】
17
25 第3セット
【0:27】
21
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

デンソーエアリービーズ

監督: 山口 祐之
コーチ: 尾崎 侯
通算ポイント: 12
通算: 5勝6敗

( )内は交代選手

監督コメント

 昨日に引き続き、皆様の温かいご声援を力に変えて最後まで戦うことができた。本当にありがとうございました。
 試合の方は、1セット目序盤で相手の攻撃に対する自チームのディフェンスを整備したことで、ブロックとの良い関係性を保って戦うことが出来たことが勝利に繋がった。
 また、この2日間途中から出場した選手も、チームを勢いづけるプレーをしてくれた。チーム内での競争を通して、底上げにも期待していきたい。
 これからも変わらぬご声援を、よろしくお願いします。

25 石井
()
長岡
(中大路)
石井
()
ミア
()
19
水田
(森谷)
岩坂
()
鍋谷
()
森田
(橋本)
古藤
(ボカン)
新鍋
()
石田
(田原)
大竹
()
戸江 リベロ 小口 (山田)
25 水田
()
石井
()
石井
()
ミア
()
17
古藤
()
長岡
()
鍋谷
()
田原
(橋本)
新鍋
()
岩坂
()
石田
(森田)
大竹
()
戸江 リベロ 小口 (山田)
25 石井
()
長岡
(中大路)
石井
()
ミア
(坂本)
21
水田
(南波)
岩坂
()
石田
()
田原
(橋本)
古藤
(ボカン)
新鍋
()
鍋谷
()
大竹
(堀江)
戸江 リベロ 小口 (山田)

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 試合を通して各セットで流れをつかむチャンスが有りながら、そこでポイントを取ることが出来ず、相手に流れを渡してしまった。
 2日間続けて高いレベルでの気力・技術・体力は発揮することは出来たが、来週に向けてさらにしっかり調整をして試合に臨みたい。
 たくさんの応援をありがとうございました。

要約レポート

 現在2位につける久光製薬スプリングスが、第1レグでの敗戦の雪辱を果たした。
 久光製薬は安定したサーブレシーブから速いサイド攻撃を中心に、セッター古藤がクイック・バックアタック・ブロード攻撃と幅のあるトス回しで攻撃を組み立てた。2セット目には2回の5連続得点あげるなどリズムが良かった。また、7-7からはデンソーエアリービーズのミアのアタックを久光製薬・戸江が拾い、それをキャプテン新鍋が確実に決めてリードした。そして16-20からの5連続ポイントでは岩坂・新鍋・長岡がそれぞれブロックを決め、勝利に1歩近づいた。
 3セット目は序盤デンソーがリードの形で一進一退の攻防戦が続くが、20-20で久光製薬・水田のブロードが決まり勢いにのった。マッチポイントでは交代で入った南波がサービスエースを決め、ストレート勝ちを収めた。
 デンソーは2セット目、セッターを森田から田原に代え応戦するも、連続得点がなかなか取れなかったのが痛かった。大竹の5得点を含め、久光製薬より多い13本のブロックは次戦に期待を抱かせた。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 中澤 和美