V・プレミアリーグ女子 2015/16 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
336
[開催日]
2015/11/22
[会場]
高松市総合体育館
[観客数]
3,000
[開始時間]
15:05
[終了時間]
16:28
[試合時間]
1:23
[主審]
江下 毅
[副審]
西中野 健

岡山シーガルズ

監督: 河本 昭義
コーチ: 吉田 啓佑
通算ポイント: 14
通算: 5勝4敗
0

ポイント
0
18 第1セット
【0:25】
25 3

ポイント
3
16 第2セット
【0:26】
25
20 第3セット
【0:26】
25
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

東レアローズ

監督: 福田 康弘
コーチ: 越谷 章
通算ポイント: 23
通算: 8勝1敗

( )内は交代選手

監督コメント

 第1セット中盤から第2セット終盤まで昨日とは真逆の展開であった。勝ちたい気持ちが力みにつながった典型的なゲーム運びとなった。
 第3セットは、やや平常心を取り戻し、いい流れになったが勝機を意識した時に今日のゲームを決定付けるミスが出てしまった。まだまだ、修正すべき点をきちんとやりきらないと上位には食い込めない。
 次週から気持ちを切り替えて頑張っていきたい。
 2日間、瀬戸大橋を渡り多くのファンの皆様に応援していただき、ありがとうございました。

18 川畑(愛)
()
浅津
(泉)
木村(沙)
()
田代
()
25
山口
(香野)
川島
()
テトリ
()
伊藤
(杉原)
宮下
(今野)
佐々木
(金田)
高田
()
迫田
(峯村)
丸山(亜) リベロ 木村(美)
16 香野
()
金田
()
木村(沙)
()
田代
()
25
宮下
(浅津)
川畑(愛)
(宇賀神)
テトリ
()
伊藤
(野村)
佐々木
()
川島
(高野)
高田
(堀川)
迫田
(杉原)
丸山(亜) リベロ 木村(美)
20 佐々木
(今野)
浅津
(泉)
木村(沙)
()
田代
()
25
川島
()
香野
(山口)
テトリ
()
伊藤
(杉原)
宮下
()
金田
()
高田
(堀川)
迫田
()
丸山(亜) リベロ 木村(美)

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 開幕から取り組んでいるサーブで優位にさせながら、ゲームを進めることができました。ブロックとディフェンスのバランスも良かったと思います。セッター田代を中心とした攻撃は、まだまだ発展途上であるので追求していきたいです。メンバーチェンジで入った峯村、杉原、堀川が非常に良いところで相手にプレッシャーをかけてくれたことで、ストレート勝ちできたと思います。
 来週もチャレンジャーとして、やるべきことを明確にしながら戦い続けます。本日は、応援ありがとうございました。

要約レポート

 2レグの第2戦目、首位の東レアローズと2位の岡山シーガルズの対戦は、超満員の中で行われた。
 第1セット、動きに硬さの見られる岡山に対し、東レは木村(美)のレシーブを軸に攻撃を組み立て、中盤まで点差を広げていった。岡山は、レシーブから攻撃を組み立てようとしたが、東レはキャプテン峯村のサーブで相手レシーブを崩して先取した。
 第2セット、岡山は攻撃を立て直そうとするが、東レのサーブに崩されて流れに乗れない。中盤から東レは、ディクソンや木村(沙)、高田の多彩な攻撃で2セットを連取した。
 第3セット、岡山は香野のブロックやサーブなどで得点を重ね中盤までリードした。しかし、逃げ切ることができず、東レが迫田のアタックや伊藤の移動攻撃で終盤に逆転して勝利した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 溝渕 豊仁