V・プレミアリーグ女子 2015/16 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
335
[開催日]
2015/11/22
[会場]
高松市総合体育館
[観客数]
2,800
[開始時間]
13:00
[終了時間]
14:27
[試合時間]
1:27
[主審]
國頭 亮太
[副審]
千代延 靖夫

上尾メディックス

監督: 吉田 敏明
コーチ: 箕輪 憲吾
通算ポイント: 9
通算: 3勝6敗
3

ポイント
3
25 第1セット
【0:25】
21 0

ポイント
0
25 第2セット
【0:25】
22
28 第3セット
【0:31】
26
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

トヨタ車体クインシーズ

監督: 泉川 正幸
コーチ: 藤本 幹朗
通算ポイント: 7
通算: 1勝8敗

( )内は交代選手

監督コメント

 2レグに入っての初勝利を嬉しく思います。今日の勝因は、ブロックと粘り強いディフェンスだと思います。ポリーナのサーブとアタックを中心とした相手の強力な攻撃に対して、選手が一丸となって頑張ってくれました。
 ここまで苦しい戦いが続いておりますが、今日の勝利を次週につなげたいと思います。
 本日は、多くの温かいご声援をありがとうございました。

25 荒木(絵)
()
吉村
()
ポリーナ
()
藤田
()
21
土田
()
マーフィー
()
衛藤
()
平松
(竹内(あ))
近藤
()
松本
(竹田)
高橋
()
熊本
()
山岸 リベロ 佐藤 (山田(真))
25 土田
()
荒木(絵)
()
ポリーナ
()
藤田
()
22
近藤
()
吉村
(三浦)
衛藤
()
平松
(竹内(あ))
松本
(丸山)
マーフィー
()
高橋
()
熊本
()
山岸 リベロ 佐藤 (山田(真))
28 荒木(絵)
()
吉村
(青柳)
ポリーナ
()
藤田
()
26
土田
(富永)
マーフィー
()
衛藤
()
平松
(竹内(あ))
近藤
(竹田)
松本
()
高橋
()
熊本
()
山岸 リベロ (山田(真))

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 今日は、アタック決定力、そしてディフェンスの粘り強さが明暗を分ける内容でした。
 本来、我々がやるべき展開を相手にされてしまい、均衡したところでの少しのミスが後半に影響し、追いつくことができませんでした。
 とにかく1勝するために次週に向けてしっかり準備をしていきます。
 本日も、たくさんのご声援をありがとうございました。

要約レポート

 昨日、勝ち星をあげ、2レグの流れを作りたい両チームの戦い。
 第1セット、上尾メディックスはマーフィーや吉村にボールを集めてリズムを作る。対するトヨタ車体クインシーズは、高橋のアタックとセッター藤田のツーアタックで応戦した。終盤、上尾が近藤や荒木(絵)のアタックで流れを引き寄せ、最後は吉村のブロックで第1セットを奪った。
 第2セット、上尾は第1セットの勢いのまま荒木(絵)のアタックやマーフィーのバックアタックでポイントを重ねる。トヨタ車体もポリーナにボールを集めて応戦するが、上尾は荒木(絵)のアタックや、吉村のフェイント、マーフィーの強打で逃げ切った。
 第3セット、序盤は上尾のレシーブが安定し、吉村、近藤のサイド攻撃や荒木(絵)のブロード攻撃がうまく機能した。トヨタ車体は、このセットもポリーナにボールを集め応戦する。デュースにもつれ込む接戦となったが、上尾のリベロ山岸の好レシーブでトヨタ車体の攻撃を断ち切り、最後はマーフィーの強打でこの試合を締めくくった。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 末澤 和士