V・プレミアリーグ女子 2015/16 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
334
[開催日]
2015/11/22
[会場]
ひたちなか市総合運動公園総合体育館
[観客数]
1,707
[開始時間]
16:05
[終了時間]
17:27
[試合時間]
1:22
[主審]
渡部 菜保子
[副審]
服部 篤史

日立リヴァーレ

監督: 松田 明彦
コーチ: 甲斐 祐之
通算ポイント: 15
通算: 6勝3敗
3

ポイント
3
25 第1セット
【0:22】
19 0

ポイント
0
25 第2セット
【0:24】
15
25 第3セット
【0:30】
23
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

デンソーエアリービーズ

監督: 山口 祐之
コーチ: 尾崎 侯
通算ポイント: 9
通算: 4勝5敗

( )内は交代選手

監督コメント

 本日は沢山のご声援を賜り心より感謝申し上げます。
 ホーム2連勝で2レグのスタートを切れたことを嬉しく思います。
 最高のホームの雰囲気を作って下さった応援団の皆様に感謝致します。
 終始、自分達のペースで試合を進めることが出来た事が勝因かと思います。
 しかし、課題としてサーブで攻め崩すことが出来ていないので、そこは反省点として修正していきたいと思います。

25 佐藤(美)
()
パオリーニ
()
石井
(田原)
ミア
()
19
渡邊
()
内瀬戸
()
鍋谷
()
森田
()
井上
()
遠井
()
石田
()
大竹
(堀江)
佐藤(あ) リベロ 小口 (山田)
25 佐藤(美)
()
パオリーニ
(引地)
石井
()
ミア
(坂本)
15
渡邊
()
内瀬戸
()
鍋谷
()
森田
(田原)
井上
()
遠井
(橋本)
石田
()
大竹
(橋本)
佐藤(あ) リベロ 小口 (山田)
25 佐藤(美)
()
パオリーニ
()
大竹
()
鍋谷
()
23
渡邊
()
内瀬戸
()
森田
(田原)
石田
()
井上
(引地)
遠井
(佐々木)
ミア
()
石井
(堀江)
佐藤(あ) リベロ (山田)

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 3セット目にようやくリズムを作ることができたが、終始ブロックとスパイクレシーブが機能せず、サーブ権があるときに点数を取ることができなかった。
 基本的な技術をひとつひとつもう一度見直して、しっかりとしたバレーが展開できるように修正していきたい。
 ただ負けはしたものの、新しい可能性が見えたので、来週からの試合をしっかりと準備して臨みたい。
 たくさんの応援をありがとうございました。

要約レポート

 第1セット、序盤立ち上がりから日立リヴァーレは佐藤(美)からの速いトスワークからパオリーニ、内瀬戸、遠井の攻撃でリードを奪う。対するデンソーエアリービーズは鍋谷にボールを集め食らいつくが、日立が安定した攻守でこのセットを奪う。
 第2セットも序盤から日立の高速バレーが展開される。内瀬戸のサーブでデンソーの守備を崩し、パオリーニのスパイク、ブロックで8連続ポイント。対するデンソーはセッター田原を途中起用するも流れは変わらず、最後は日立が渡邊の豪快なスパイクでセットを連取する。
 第3セット、これまでと同様の展開で日立が序盤リードを奪う。デンソーは鍋谷の硬軟織り交ぜた多彩な攻撃により、中盤から追い上げ23-22と逆転する。しかし日立は緊迫した展開の中、集中力を切らさず逆転し、最後はピンチサーバー引地の劇的なサービスエースにより、地元大応援団の中でホーム2連勝を飾った。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 屋貝 直也