V・プレミアリーグ女子 2015/16 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
333
[開催日]
2015/11/22
[会場]
ひたちなか市総合運動公園総合体育館
[観客数]
1,729
[開始時間]
13:05
[終了時間]
15:21
[試合時間]
2:16
[主審]
村上 成司
[副審]
浅井 唯由

NECレッドロケッツ

監督: 山田 晃豊
コーチ: 大村 悟
通算ポイント: 15
通算: 4勝5敗
2

ポイント
1
25 第1セット
【0:30】
22 3

ポイント
2
25 第2セット
【0:24】
19
19 第3セット
【0:28】
25
15 第4セット
【0:27】
25
11 第5セット
【0:15】
15

【 】内はセット時間

久光製薬スプリングス

監督: 中田 久美
コーチ: 加藤 陽一
通算ポイント: 16
通算: 5勝4敗

( )内は交代選手

監督コメント

 2-3で敗れたが、1、2セットとスタートはいい形で入れた。
 最後勝ちきれなかった敗因を見直して、来週の試合に臨みたいと思う。
 本日も応援ありがとうございました。
 来週もご声援よろしくお願いします。

25 白垣
()
近江
(イエリズ)
新鍋
()
古藤
()
22
島村
()
大野
(家高)
岩坂
()
水田
(森谷)
山口
()
古賀
(岩崎)
長岡
()
石井
()
鳥越 リベロ 戸江
25 白垣
()
近江
(イエリズ)
新鍋
()
古藤
()
19
島村
()
大野
(家高)
岩坂
(石橋)
水田
(南波)
山口
()
古賀
()
長岡
()
石井
()
鳥越 リベロ 戸江
19 白垣
()
近江
(イエリズ)
新鍋
()
古藤
(野本)
25
島村
()
大野
(家高)
岩坂
()
水田
(南波)
山口
()
古賀
(岩崎)
長岡
()
石井
()
鳥越 リベロ 戸江
15 島村
()
白垣
(小山)
新鍋
()
古藤
(野本)
25
山口
(イエリズ)
近江
(奥山)
岩坂
()
水田
(南波)
古賀
()
家高
()
長岡
(中大路)
石井
()
鳥越 リベロ 戸江
11 古賀
()
山口
(イエリズ)
新鍋
()
古藤
()
15
大野
(家高)
島村
()
岩坂
()
水田
(南波)
近江
()
白垣
()
長岡
()
石井
()
鳥越 リベロ 戸江

監督コメント

 昨日に引き続き、フルセットの接戦となったが、最後まで温かいご声援ありがとうございました。
 まずは勝ち切ったことを素直に喜びたい。負けが続く中で、選手、スタッフ、それぞれがこの状況を打破するために考え、悩んできたことは確かだと思う。
 その壁を一つ乗り越え、ステップアップできたことはチームとして良い方向に向かうチャンスだと考えている。
 ただ、本日の一勝に満足せず、反省と修正をしっかりおこない、強固なチーム作りに努めていきたい。
 今後も久光製薬スプリングスをよろしくお願いします。

要約レポート

 第1セット、久光製薬スプリングスは手堅い守りと、岩坂、石井のブロックでリードする、しかし、NECレッドロケッツは島村のサービスエースで同点に追いつくとリズムに乗り、古賀、白垣のスパイクが冴えセットを取った。
 第2セット、リズムの良いNECがリードのまま終盤までゲームが進む。久光製薬も新鍋、石井のスパイクで反撃に出るも、そのまま流れは変わらずNECが連取する。
 第3セット、前セットとはうって変わって、久光製薬は新鍋の連続サービスエース、岩坂の効果的なサーブなどから相手のレシーブを崩し、得点を重ねる。中盤以降も、石井、長岡のスパイクで確実に得点した久光製薬がセットを奪い返した。
 第4セット、序盤から一進一退の攻防。中盤久光製薬は石井、新鍋のスパイクで抜け出す。終盤NECはイエルズを投入し反撃するも、久光製薬が石井のスパイク、ブロックで得点しフルセットに持ち込む。
 第5セット、序盤から両チームが点の取り合いで一歩も譲らない。9-9の同点から久光製薬は新鍋、長岡のスパイクで一歩抜け出し、最後は長岡の力強いスパイクで粘るNECを振り切り熱戦を制した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 笠倉 雅弘