V・プレミアリーグ女子 2015/16 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
331
[開催日]
2015/11/21
[会場]
高松市総合体育館
[観客数]
1,600
[開始時間]
14:00
[終了時間]
15:26
[試合時間]
1:26
[主審]
千代延 靖夫
[副審]
國頭 亮太

上尾メディックス

監督: 吉田 敏明
コーチ: 箕輪 憲吾
通算ポイント: 6
通算: 2勝6敗
0

ポイント
0
20 第1セット
【0:25】
25 3

ポイント
3
22 第2セット
【0:27】
25
22 第3セット
【0:28】
25
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

東レアローズ

監督: 福田 康弘
コーチ: 越谷 章
通算ポイント: 20
通算: 7勝1敗

( )内は交代選手

監督コメント

 本日も、多くの声援をいただきまして本当にありがとうございました。2レグの開幕戦で、首位チームとの対戦でしたが、非常に悔しい結果でした。
 今日の試合を振り返ると、連続失点の内容を反省点として修正していきたいと思います。
 相手のミスではなく、サーブで崩し、ブロックとディフェンスから連続得点ができる力を向上させることがチームの課題です。
 まずは、明日の試合に向けて準備をしたいと思います。

20 荒木(絵)
()
吉村
()
木村(沙)
()
田代
()
25
土田
(富永)
マーフィー
()
テトリ
()
伊藤
()
荒木(夕)
(近藤)
松本
(丸山)
高田
(堀川)
迫田
()
山岸 リベロ 木村(美)
22 荒木(絵)
()
吉村
(荒木(夕))
木村(沙)
()
田代
()
25
富永
()
マーフィー
()
テトリ
()
伊藤
(杉原)
近藤
(青柳)
松本
()
高田
(堀川)
迫田
()
山岸 リベロ 木村(美)
22 荒木(絵)
()
青柳
(吉村)
木村(沙)
()
田代
()
25
富永
(土田)
マーフィー
()
テトリ
()
伊藤
(杉原)
近藤
(荒木(夕))
丸山
()
高田
(堀川)
迫田
()
山岸 リベロ 木村(美)

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 まず、2レグの初戦を勝てて良かったと思います。1レグが終わって1週間、チームの課題と向き合ってきたことが、この初戦につながったと思います。今日の戦い方としては、攻めの強いサーブをチーム全員が打てたことにつきます。ディフェンスも木村(美)を中心に、粘り強く東レアローズらしさを出せたと思います。
 明日も、「心」と「考え方」に「隙」を見せずに岡山シーガルズ戦にチャレンジしていきます。
 本日もありがとうございました。

要約レポート

 1レグ首位の東レアローズとV・プレミアリーグ2年目の上尾メデックスとの対戦。
 第1セット中盤までは一進一退の攻防が続いたが、東レのディクソンや迫田が要所でスパイクを決めて流れをつかんだ。上尾は、マーフィーにボールを集めて追い上げていったが、勢いに乗った東レが先取した。
 第2セット、東レが第1セットの勢いのまま高田の連続スパイクで得点を積み重ねていったが、中盤、上尾は富永のサーブで流れをつかみ、5連続得点で逆転した。終盤になると、東レは木村(沙)のスパイクで再び逆転し、そのまま追いすがる上尾を振り切ってセットを連取した。
 第3セットは、上尾の荒木(絵)のブロックや青柳のサーブで序盤リードした。しかし、東レは高田、迫田のスパイクや木村(美)の好レシーブで逆転し、そのままセットを取り、東レが勝利した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 溝渕 豊仁