V・プレミアリーグ女子 2015/16 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
329
[開催日]
2015/11/21
[会場]
ひたちなか市総合運動公園総合体育館
[観客数]
1,417
[開始時間]
14:00
[終了時間]
16:01
[試合時間]
2:01
[主審]
浅井 唯由
[副審]
村上 成司

NECレッドロケッツ

監督: 山田 晃豊
コーチ: 大村 悟
通算ポイント: 14
通算: 4勝4敗
3

ポイント
3
25 第1セット
【0:28】
22 1

ポイント
0
25 第2セット
【0:28】
21
19 第3セット
【0:28】
25
25 第4セット
【0:28】
22
第5セット
【】

【 】内はセット時間

デンソーエアリービーズ

監督: 山口 祐之
コーチ: 尾崎 侯
通算ポイント: 9
通算: 4勝4敗

( )内は交代選手

監督コメント

 一週空いて2レグがスタートしたが、この空きの週で自チームを見直していどんだ。まずは結果として勝つことができ、2レグをいい形でスタートできたことは良かった。
 試合内容としてはデンソーのサーブに押され、相手にリードされる展開が多く苦しかったが、持ち味である粘りのバレーで終盤に逆転し勝つことができた。
 まだまだ自チームのミスが目立つので、そこは明日の試合でも修正して戦いたい。
 本日もたくさんの応援をありがとうございました。また明日もよろしくお願いします。

25 白垣
()
近江
()
石井
()
ミア
()
22
島村
()
大野
(家高)
鍋谷
()
森田
(橋本)
山口
(イエリズ)
古賀
(岩崎)
石田
()
大竹
(堀江)
鳥越 リベロ 小口
25 白垣
()
近江
(イエリズ)
石井
()
ミア
()
21
島村
()
大野
(家高)
鍋谷
()
森田
(橋本)
山口
()
古賀
(岩崎)
石田
()
大竹
(堀江)
鳥越 リベロ 小口
19 白垣
()
近江
(イエリズ)
ミア
()
森田
(橋本)
25
島村
()
大野
(家高)
石井
()
大竹
(堀江)
山口
()
古賀
(岩崎)
鍋谷
()
石田
()
鳥越 リベロ 小口
25 島村
()
白垣
()
ミア
()
森田
(橋本)
22
山口
(イエリズ)
近江
()
石井
(田原)
大竹
(堀江)
古賀
(岩崎)
家高
()
鍋谷
()
石田
()
鳥越 リベロ 小口

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 2レグ初戦、勢いを持って臨んだが、残念ながら負けてしまった。
 スタートから粘ってもなかなか点数につながらず、あと少しのところでセットを落としてしまった。
 3セット目は攻守がうまくかみ合い、4セット目もこちらのペースで進んでいたが、終盤で相手に上手にかわされてしまった。
 1点を確実に取る、1セットを確実に取る、流れを作るというところを修正して明日に臨みたい。
 たくさんの応援ありがとうございました。

要約レポート

 第1セット、デンソーエアリービーズはミアにボールを集めリードをして終盤を迎える。対するNECレッドロケッツは古賀のアタック、途中出場の家高のアタックなどで食らいつき、そのまま逆転でこのセットを先取する。
 第2セット、中盤まで一進一退の攻防が続くが、18-18からNECは山口のサービスエースや粘りのレシーブでリズムを作り、最後はイエリズの連続アタックポイントで、このセットも連取した。
 第3セット、序盤からデンソーが連続得点でリードし、さらに大竹の速攻やブロード攻撃が効果的に決まる。NECも追い上げるがデンソーは鍋谷のアタックなどで突き放し、このセットを奪う。
 第4セット、お互いに駆け引きをしながらの攻防を見せるが、中盤からNECは近江、白垣を中心としたサイド攻撃が得点につながる。デンソーも粘りを見せるが、最後はNEC白垣の力強いアタックが決まり、熱戦に終止符を打った。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 高橋 直也