V・プレミアリーグ女子 2015/16 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
328
[開催日]
2015/11/08
[会場]
滋賀県立体育館
[観客数]
3,090
[開始時間]
15:40
[終了時間]
18:03
[試合時間]
2:23
[主審]
小野将人
[副審]
三見洋子

東レアローズ

監督: 福田 康弘
コーチ: 越谷 章
通算ポイント: 17
通算: 6勝1敗
3

ポイント
2
25 第1セット
【0:30】
23 2

ポイント
1
22 第2セット
【0:27】
25
25 第3セット
【0:31】
27
25 第4セット
【0:30】
21
15 第5セット
【0:13】
11

【 】内はセット時間

トヨタ車体クインシーズ

監督: 泉川 正幸
コーチ: 藤本 幹朗
通算ポイント: 7
通算: 1勝6敗

( )内は交代選手

監督コメント

相手のエースに対してバタバタしてしまったが、粘り強く選手、スタッフで対応できたことは良かったと思う。
 ラリー中のブロックについてはミスが多かったので、今週しっかり修正して第2レグに備えていきたい。
 心と考え方に「隙」を見せずに選手、スタッフ全員で戦っていきたい。2日間皆様の声援で2連勝することができました。本当にありがとうございました。第2レグもよろしくお願い致します。

25 迫田
()
高田
(堀川)
藤田
()
平松
(竹内(あ))
23
伊藤
(野村)
テトリ
()
ポリーナ
(山田(真))
志智
(竹田)
田代
()
木村(沙)
()
衛藤
()
高橋
()
木村(美) リベロ 榊原 (佐藤)
22 迫田
()
高田
(堀川)
平松
(志智)
竹田
()
25
伊藤
(野村)
テトリ
()
藤田
()
高橋
(山田(真))
田代
()
木村(沙)
()
ポリーナ
(熊本)
衛藤
()
木村(美) リベロ 榊原 (佐藤)
25 迫田
()
高田
(堀川)
藤田
()
平松
(竹内(あ))
27
伊藤
()
テトリ
()
ポリーナ
(熊本)
竹田
(山田(真))
田代
()
木村(沙)
()
衛藤
()
高橋
()
木村(美) リベロ 榊原 (佐藤)
25 迫田
(杉原)
高田
(堀川)
平松
(竹内(あ))
竹田
()
21
伊藤
()
テトリ
()
藤田
()
高橋
(山田(真))
田代
()
木村(沙)
()
ポリーナ
(熊本)
衛藤
()
木村(美) リベロ (佐藤)
15 迫田
()
高田
(堀川)
平松
(竹内(あ))
竹田
()
11
伊藤
(大野)
テトリ
()
藤田
()
高橋
()
田代
()
木村(沙)
()
ポリーナ
()
衛藤
()
木村(美) リベロ (佐藤)

監督コメント

今日は第1レグ最後の試合、何とか全員で1勝をと臨んだが、力及ばずフルセットの末敗戦となりました。第3セット、第4セットとゲームが長期戦になるとミスが先行し、連続失点して悪循環となるが、今日も改善することができず、勝機をものにすることができず残念です。とにかく集中力の維持と、プレーの精度を早急に改善し、第2レグに向けてチームでしっかり取り組んでいきたいと思います。本日もたくさんのご声援をありがとうございました。

要約レポート

 第1セット、東レアローズは競った展開からブロックポイントや相手のミスによりリード。トヨタ車体クインシーズもポリーナや竹田のスパイクで追い上げるも、迫田のスパイクが決まり、東レが先取する。
 第2セット、トヨタはポリーナがスパイク、サーブで相手を崩し、粘りのレシーブと藤田のトスワーク、揺さぶりのある攻撃で東レからセットを取り返す。
 第3セット、2回目のテクニカルタイムアウトまで両者譲らず、トヨタはブロックなどで得点を積み重ねるが、東レも要所で木村(沙)が決める。大接戦の末トヨタ車体がこのセットを取る。
 第4セット、攻守入れ替わる緊迫したラリーが続く。18-18より東レの田代のツーアタックが決まり、その後ブロード攻撃を絡めて東レは22-18に。そのまま逃げ切り最終セットへ。
 第5セット、スタートから東レの速攻を中心とした攻撃とブロックで大きくリードする。トヨタ車体も堅実なレシーブで追いすがるが、差を詰めることができず、最後もディクソンのクイックで東レが勝利をものにした。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 皆川健人