V・プレミアリーグ女子 2015/16 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
323
[開催日]
2015/11/07
[会場]
滋賀県立体育館
[観客数]
2,980
[開始時間]
13:05
[終了時間]
15:24
[試合時間]
2:19
[主審]
グレッグ ルーオー
[副審]
北村友香

日立リヴァーレ

監督: 松田 明彦
コーチ: 甲斐 祐之
通算ポイント: 10
通算: 4勝2敗
3

ポイント
2
19 第1セット
【0:28】
25 2

ポイント
1
21 第2セット
【0:27】
25
25 第3セット
【0:29】
22
25 第4セット
【0:26】
23
16 第5セット
【0:17】
14

【 】内はセット時間

トヨタ車体クインシーズ

監督: 泉川 正幸
コーチ: 藤本 幹朗
通算ポイント: 6
通算: 1勝5敗

( )内は交代選手

監督コメント

 本日はたくさんのご声援をいただき、心より感謝申し上げます。ポリーナ選手に対して、どれだけ対応できるかが勝敗を分けると思っていましたが、最後は全員で粘り、つないだ事により、我々にリズムが傾いたと思います。2セットビハインドから勝ちきれたことは、チームスローガンである決して負けないということの意味を見せられたのではないかと思います。
 最高のパフォーマンスを見せてくれた応援にも感謝いたします。ありがとうございました。

19 佐藤(美)
()
パオリーニ
()
衛藤
()
ポリーナ
(山田(真))
25
内瀬戸
()
渡邊
(佐々木)
高橋
()
藤田
()
井上
(須藤)
遠井
()
竹田
()
平松
(竹内(あ))
佐藤(あ) リベロ 榊原 (佐藤)
21 遠井
()
井上
(須藤)
ポリーナ
(山田(真))
藤田
()
25
内瀬戸
()
佐々木
(渡邊)
衛藤
()
平松
(竹内(あ))
パオリーニ
()
佐藤(美)
(橋本)
高橋
()
竹田
()
佐藤(あ) リベロ 榊原 (佐藤)
25 内瀬戸
()
井上
()
衛藤
()
ポリーナ
(山田(真))
22
佐々木
()
渡邊
(栗原)
高橋
()
藤田
()
パオリーニ
()
佐藤(美)
()
竹田
(志智)
平松
(竹内(あ))
佐藤(あ) リベロ 榊原 (佐藤)
25 井上
(須藤)
渡邊
()
竹田
(志智)
高橋
()
23
内瀬戸
()
佐藤(美)
()
平松
(竹内(あ))
衛藤
()
佐々木
()
パオリーニ
(橋本)
藤田
()
ポリーナ
(山田(真))
佐藤(あ) リベロ 榊原 (佐藤)
16 井上
(須藤)
渡邊
()
志智
()
高橋
()
14
内瀬戸
()
佐藤(美)
()
平松
(竹内(あ))
衛藤
()
佐々木
()
パオリーニ
(橋本)
藤田
()
ポリーナ
(山田(真))
佐藤(あ) リベロ 榊原 (佐藤)

監督コメント

 1,2セットに自サーブからの連続ポイントにより、余裕をもってゲームを展開することができたが、3,4セットと拮抗した内容となり、十分勝機はあったが、大事な場面でのミスとチャンスを活かしきれない等、粘り強い相手を上回ることができなかった。
 明日の試合で第1レグ終了となるが、とにかく全員で全力で勝ちにいきたいと思います。
 本日もたくさんのご声援ありがとうございました。

要約レポート

 第1セット、日立リヴァーレはパオリーニのアタック、ブロック、サーブでリードするが、中盤トヨタ車体クインシーズはポリーナのアタック、平松のブロック等で逆転し、勢いに乗りこのセットを先取する。
 第2セット、トヨタ車体はポリーナのバックアタック、日立はパオリーニの速攻で一進一退の攻防でケームを作るが、中盤トヨタ車体が平松のブロックやアタック等でリードする。終盤日立はセッターを橋本に代え応戦するが、流れは変わらずトヨタ車体が連取する。
 第3セット、後のない日立は出足リードを許すが、佐々木にボールを集め逆転し、渡邊のブロックも要所で決まり、このセットを取る。
 第4セット、トヨタ車体はリズムを取り戻したかに思えたが、日立が終盤に追いつき、1点を争う好ゲームとなり、最後は日立が逆転し、フルセットに持ち込んだ。
 最終セットは4セット目同様、トヨタ車体リードで試合を進めるが、終盤日立は渡邊のブロックで逆転し、最後は井上のサービスエースで勝利をものにした。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 田中成幸