V・プレミアリーグ女子 2015/16 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
312
[開催日]
2015/10/25
[会場]
佐賀県総合体育館
[観客数]
3,186
[開始時間]
16:15
[終了時間]
17:38
[試合時間]
1:23
[主審]
千代延 靖夫
[副審]
山本 晋五

久光製薬スプリングス

監督: 加藤 陽一
コーチ: 豊暉原 峻
通算ポイント: 5
通算: 2勝1敗
0

ポイント
0
23 第1セット
【0:28】
25 3

ポイント
3
16 第2セット
【0:22】
25
20 第3セット
【0:27】
25
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

日立リヴァーレ

監督: 松田 明彦
コーチ: 甲斐 祐之
通算ポイント: 3
通算: 1勝2敗

( )内は交代選手

監督コメント

  メンバーを替えて臨んだ一戦だったが、序盤からサーブレシーブを崩されてしまい、オフェンスを機能させることが出来なかった。
  劣勢の場面でチームを立て直す術を選手、スタッフが今一度考え、これからの長いリーグを戦っていきたい。
  二日間のホームゲーム、本当に多くの方々に応援して頂き、心から感謝しています。ありがとうございました。
 

23 水田
(石橋)
野本
()
井上
()
渡邊
()
25
古藤
(ボカン)
長岡
(中大路)
遠井
()
佐藤(美)
()
石井
()
岩坂
()
内瀬戸
()
パオリーニ
()
座安 (戸江) リベロ 佐藤(あ)
16 野本
()
長岡
(中大路)
井上
()
渡邊
()
25
水田
(石橋)
岩坂
()
遠井
(橋本)
佐藤(美)
()
古藤
(ボカン)
石井
()
内瀬戸
()
パオリーニ
()
座安 (戸江) リベロ 佐藤(あ)
20 野本
(ボカン)
長岡
()
井上
()
渡邊
()
25
水田
(石橋)
岩坂
()
遠井
(橋本)
佐藤(美)
()
古藤
()
石井
()
内瀬戸
()
パオリーニ
()
座安 (戸江) リベロ 佐藤(あ)

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

  本日もたくさんのご声援を頂き心より感謝申し上げます。
  昨日の敗戦から、反省というより自分たちのプレーを思い切りやろうと話をしていました。
  今日は、粘りのある日立リヴァーレらしい試合展開が出来たと思います。これからまだ連戦が続くので、このリズムを次週にもつなげていきたいと思います。
  この勝利は、最後まで声援を送ってくれた方々のものだと思います。本当にありがとうございました。
 

要約レポート

  連勝を伸ばしたい久光製薬スプリングスと今シーズン初白星を狙う日立リヴァーレの一戦。
  第1セット、久光製薬の長岡や日立の遠井のスパイクなどで一進一退の攻防が続く。中盤、日立は佐藤(美)の巧みなトスワークで相手ブロックを翻弄しリードする。久光製薬も野本や長岡の活躍で同点に追いつくが、最後は日立が久光製薬を振り切った。
  第2セット、序盤、日立は渡邊などの活躍でリードする。中盤、久光製薬も粘りを見せるが、日立の井上のサーブが効果的に決まり、さらにパオリーニのブロックでリードを広げる。終盤、久光製薬はボカンを投入し巻き返しを図るが、点差は縮まらず日立がセットを連取した。
  第3セット、久光製薬は野本のスパイクが決まりリードを奪うが、すぐに日立もパオリーニの活躍で同点に追いつく。勢いが出てきた日立は驚異的なレシーブやパオリーニのブロックなどで一気にリードを広げていく。終盤、久光製薬は岩坂のブロックやスパイクで応戦するが、日立の勢いは止まらず、最後はパオリーニのスパイクが決まり、日立がストレートで勝利を収めた。
 
 

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 中村 友彦