V・プレミアリーグ女子 2015/16 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
303
[開催日]
2015/10/18
[会場]
東京体育館
[観客数]
5,600
[開始時間]
13:05
[終了時間]
14:38
[試合時間]
1:33
[主審]
明井 寿枝
[副審]
村上 成司

NECレッドロケッツ

監督: 山田 晃豊
コーチ: 大村 悟
通算ポイント: 0
通算: 0勝1敗
0

ポイント
0
21 第1セット
【0:26】
25 3

ポイント
3
27 第2セット
【0:34】
29
19 第3セット
【0:27】
25
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

トヨタ車体クインシーズ

監督: 泉川 正幸
コーチ: 藤本 幹朗
通算ポイント: 3
通算: 1勝0敗

( )内は交代選手

監督コメント

  固さが目立ちいいスタートが切れなかった。流れを変える事が出来ずに第1セットを落としてしまった。第2セット、相手にリードされながらも少しずつトヨタ車体のポリーナ選手に対応し始め、デュースに持ち込みリードしたが、1点を取りきれず、第2セットを落としたことが敗因だった。
  開幕戦、たくさんの応援に来て頂いたにもかかわらず、皆様の前で勝利する事が出来なかったことが非常に残念だった。まだまだ先は長いですが、今リーグも応援よろしくお願いします。本日はありがとうございました。

21 近江
()
白垣
(イエリズ)
高橋
()
藤田
()
25
島村
()
大野
()
衛藤
()
平松
(竹内(あ))
山口
()
古賀
()
ポリーナ
()
竹田
()
岩崎 リベロ 山田(真)
27 近江
()
イエリズ
(白垣)
高橋
()
藤田
()
29
島村
()
大野
(家高)
衛藤
()
平松
(山田(侑))
山口
()
古賀
(鳥越)
ポリーナ
()
竹田
()
岩崎 リベロ 山田(真) (佐藤)
19 近江
()
白垣
(奥山)
高橋
(志智)
藤田
()
25
島村
(家高)
大野
()
衛藤
()
平松
(竹内(あ))
山口
(イエリズ)
古賀
()
ポリーナ
()
竹田
()
岩崎 リベロ (佐藤)

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

  シーズンのスタートを白星で飾れたことを嬉しく思います。開幕戦ということで、不安の方が大きい中、何とかストレートで勝ちきることが出来ました。とにかくサーブレシーブを安定させ、攻撃のリズムを早く作り出し、チャンスをものにしていければ自分達のバレーが展開出来るので、その事をしっかり念頭に置き次週も戦っていきたいと思います。
  本日は開幕戦に多数のご声援を本当にありがとうございました。

要約レポート

  二連覇に向け勝ってはずみをつけたいNECレッドロケッツと昨年より1つでも順位をあげたいトヨタ車体クインシーズ。
 第1セット、トヨタ車体はポリーナにボールを集め、点数を重ねていく。一方NECは全員バレーで対抗するが、ブロックにつかまり点数を伸ばせない。中盤イエリズを投入し、1点差まで詰め寄ったが、一歩及ばず、トヨタ車体が第1セット先取した。
 第2セット、トヨタ車体ポリーナのアタック、サービスエース、衛藤のサービスエースが要所で決まり、連続得点で8点のリードをする。しかし、NECも全員で拾って決め、デュースに持ち込む。その後、一進一退の攻防をみせるが、最後はトヨタ車体が相手のミスを誘い、勝利に王手をかけた。
 第3セット、中盤トヨタ車体が衛藤のサービスエースを取ると、平松、ポリーナのブロックで一気に流れを引き寄せ6点差をつける。その後もNECの追随をよせつけず、確実に得点を重ね、トヨタ車体が初戦を勝利で飾った。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 渡辺 彰子