V・プレミアリーグ男子 2015/16 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
180
[開催日]
2016/02/06
[会場]
呉市総合体育館(オークアリーナ)
[観客数]
2,100
[開始時間]
15:20
[終了時間]
16:48
[試合時間]
1:28
[主審]
村上 成司
[副審]
山本 晋五

JTサンダーズ

監督: ヴコヴィッチ ヴェセリン
コーチ: 徳元 幸人
通算ポイント: 24
通算: 9勝11敗
0

ポイント
0
25 第1セット
【0:30】
27 3

ポイント
3
20 第2セット
【0:25】
25
21 第3セット
【0:27】
25
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

ジェイテクトSTINGS

監督: 増成 一志
コーチ: 豊田 昇平
通算ポイント: 31
通算: 11勝9敗

( )内は交代選手

監督コメント

 まずは勝利したジェイテクトにはおめでとうと言いたい。内容、気迫ともに我々を上回っていたと思う。特に第1セットは素晴らしかった。私たちは自分たちの置かれた状況からかプレーに硬さも見えたが、訪れた数度のチャンスを生かし切れずに、終始追いかける展開となってしまったことが敗因であると思う。
 オークアリーナまでお越しいただいたファンの皆さま、ご声援ありがとうございました。

25 安井
()
ヴィソット
()
辰巳
()
高橋(和)
()
27
中島
()
安永
(町野)
古田
()
高橋(慎)
(角田)
深津
()
八子
(越川)
カジースキ
()
金丸
(清野)
唐川 リベロ 本間
20 中島
()
安井
(八子)
辰巳
()
高橋(和)
()
25
深津
()
ヴィソット
()
古田
(久保山)
高橋(慎)
(角田)
越川
()
町野
()
カジースキ
()
金丸
()
唐川 リベロ 本間
21 越川
()
ヴィソット
()
高橋(和)
()
高橋(慎)
()
25
中島
()
安永
(筧本)
辰巳
()
金丸
()
深津
()
八子
()
古田
()
カジースキ
()
唐川 (久原) リベロ 本間

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 今日の試合は選手たちが日頃の練習の成果をしっかり出してくれました。特にレシーブの隊形が良く、ブロックの位置も良かったので、レシーブもよく上がったと思う。
 ここ数試合、なかなかジェイテクトの粘りあるバレーができていなかったので、今日のプレーは素晴らしかった。
 明日はV・レギュラーラウンド最終日。ジェイテクトらしい気迫あるバレーで、勝利をつかみ取ります。
 本日もたくさんの声援、ありがとうございました。

要約レポート

 ファイナル6残りの1枠を確実にしたいJTサンダーズと3位争いに踏みとどまりたいジェイテクトSTINGSの一戦。
 第1セット、ジェイテクトは辰巳や古田のアタック、金丸や高橋(慎)などのブロックで点差を広げる。JTは流れを変えるために越川を投入する。その後、ヴィソットのサービスエースやバックアタック、安永のブロックなどで追い上げていく。その後は一進一退の攻防が続いたが、最後はジェイテクトが粘り強いレシーブからカジースキがアタックを決め、セットを奪った。
 第2セット、ジェイテクトはカジースキのブロックやサービスエースなどで点差を広げていく。JTは越川や安井のアタックで追い上げるが、なかなか点差を縮めることができない。ジェイテクトは古田や高橋(和)のアタックや金丸のブロックが要所で決まりセットを連取する。
 第3セットはジェイテクトが、第2セットの流れのまま序盤から点差を広げる。後のないJTは、八子やヴィソットのアタックなどで対抗し、徐々に点差を縮めていく。しかし、堅い守備からの攻撃が光ったジェイテクトに対して、JTは終始、肝心なところでミスが出て波に乗れず、最後まで追いつくことができなかった。
 ジェイテクトは3位争いに勢いをつける貴重な勝利をあげた一方で、地元でファイナル6進出を決めたかったJTは痛い星を落とした。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 佐賀野 健