V・プレミアリーグ男子 2015/16 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
177
[開催日]
2016/02/06
[会場]
大阪市中央体育館
[観客数]
4,100
[開始時間]
13:05
[終了時間]
15:28
[試合時間]
2:23
[主審]
大塚 達也
[副審]
田中 昭彦

サントリーサンバーズ

監督: ジルソン ベルナルド
コーチ: 栗原 圭介
通算ポイント: 22
通算: 8勝12敗
3

ポイント
2
25 第1セット
【0:27】
20 2

ポイント
1
22 第2セット
【0:32】
25
25 第3セット
【0:27】
17
19 第4セット
【0:27】
25
16 第5セット
【0:18】
14

【 】内はセット時間

パナソニックパンサーズ

監督: 川村 慎二
コーチ: 古田 博幸
通算ポイント: 31
通算: 10勝10敗

( )内は交代選手

監督コメント

 最近の試合はサントリーらしくプレーすることが出来ていて、これからもどんな状況の中でもあきらめず最後まで頑張る。
 パナソニックも粘り強いバレーを見せて、ハードルの高い試合だった。
 明日も非常に厳しいチャレンジが続くが、常に勝利を目指していく。
 
 ファンの皆様、明日も熱いご声援をよろしくお願いします。

25 山村
(椿山)
柳田
(鶴田)
深津
(池田)
白澤
()
20
山本
(鈴木)
エバンドロ
()
渡辺
(専田)
ダンチ
()
栗山
()
塩田
()
山添
()
清水
()
酒井 リベロ 永野
22 山村
(椿山)
柳田
()
山添
()
渡辺
(専田)
25
山本
()
エバンドロ
()
清水
()
深津
(池田)
栗山
(鶴田)
塩田
(米山)
ダンチ
()
白澤
(関田)
酒井 リベロ 永野
25 山村
(椿山)
柳田
(鶴田)
渡辺
(今村)
深津
(池田)
17
山本
()
エバンドロ
()
山添
()
白澤
()
栗山
()
塩田
(米山)
清水
(関田)
ダンチ
()
酒井 リベロ 永野
19 山村
(椿山)
柳田
()
山添
()
今村
(谷村)
25
山本
()
エバンドロ
()
清水
()
関田
()
栗山
(鶴田)
塩田
(米山)
ダンチ
()
白澤
()
酒井 リベロ 永野
16 山村
(米山)
柳田
(鶴田)
山添
()
今村
(谷村)
14
山本
()
エバンドロ
()
清水
()
関田
(池田)
栗山
()
塩田
(椿山)
ダンチ
()
白澤
(深津)
酒井 リベロ 永野

監督コメント

 1セット目からサントリーの勢いを止める事が出来なかった。
 何とか立て直しができたが、サーブ、スパイクを抑える事ができなかった。
 その中でも、内定選手の関田、今村がよく頑張ってくれた。新たな戦力を期待したい。
 
 明日もご声援、よろしくお願いします。

要約レポート

 レギュラーラウンド最終週、2連勝してファイナル6へ優位に進めたいパナソニックパンサーズと勝利してファイナル6の出場に希望を繋げたいサントリーサンバーズの両チームとも負けられない一戦。
 パナソニックは、清水、山添、ダンチの強烈なスパイクで攻撃を仕掛ける。一方サントリーはエバンドロ、塩田、柳田の攻撃で応酬しフルセットにおよぶ大接戦となった。
 試合は、サントリーのエバンドロが要所でスパイクを決め勝利し、ファイナル6への出場に希望を繋げる勝利となった。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 今井 傳悦