V・プレミアリーグ男子 2015/16 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
176
[開催日]
2016/01/31
[会場]
福井市体育館
[観客数]
2,340
[開始時間]
16:05
[終了時間]
18:21
[試合時間]
2:16
[主審]
村上 成司
[副審]
森口 豊

パナソニックパンサーズ

監督: 川村 慎二
コーチ: 古田 博幸
通算ポイント: 30
通算: 10勝9敗
3

ポイント
2
19 第1セット
【0:26】
25 2

ポイント
1
22 第2セット
【0:27】
25
25 第3セット
【0:27】
19
25 第4セット
【0:24】
15
18 第5セット
【0:20】
16

【 】内はセット時間

豊田合成トレフェルサ

監督: クリスティアンソン アンディッシュ
コーチ: 藤田 和広
通算ポイント: 44
通算: 14勝5敗

( )内は交代選手

監督コメント

 今シーズン勝てていなかった豊田合成さんに勝てたことは、今後の試合にも良い方向に向かうと思う。今日の試合も良い集中力を持って戦え、選手たちが本当によく頑張ってくれた。
 来週のレギュラーラウンド最終節もしっかりと戦い、ファイナル6に良い流れで入っていきたい。
 2日間たくさんのご声援本当にありがとうございました。

19 白澤
()
ダンチ
()
イゴール
()

()
25
深津
()
清水
()
白岩
()
高松
()
渡辺
(専田)
山添
()
傳田
()
内山
()
永野 リベロ 古賀(幸)
22 白澤
(関田)
ダンチ
()
イゴール
()

()
25
深津
()
清水
()
白岩
(前田)
高松
()
渡辺
(専田)
山添
()
傳田
()
内山
(岡本)
永野 リベロ 古賀(幸)
25 深津
()
白澤
()
イゴール
()

()
19
渡辺
(専田)
ダンチ
()
白岩
()
高松
(岡本)
山添
()
清水
()
傳田
()
内山
()
永野 リベロ 古賀(幸)
25 白澤
()
ダンチ
()
イゴール
()

(山近)
15
深津
()
清水
()
白岩
(山田)
高松
(岡本)
渡辺
(専田)
山添
(関田)
傳田
()
内山
(前田)
永野 リベロ 古賀(幸)
18 白澤
(関田)
ダンチ
()

()
高松
(岡本)
16
深津
()
清水
()
イゴール
()
内山
(山田)
渡辺
(専田)
山添
()
白岩
(井上)
傳田
()
永野 リベロ 古賀(幸)

監督コメント

 互いの良さが出た良い試合だったが、残念ながら勝つことができなかった。
 第5セットは、何度も勝ち切るチャンスがあったものの、ものにすることができなかった。
 本日も温かいご声援ありがとうございました。

要約レポート

 リーグ首位を走る豊田合成トレフェルサと昨日にV・ファイナルステージ進出を決めたパナソニックパンサーズの対戦。
 第1セット、序盤は一進一退の攻防、清水が7得点と奮闘するも中盤以降は豊田合成のブロックが阻まれる。さらにイゴールのスパイクを中心とした安定した戦いで豊田合成が先取した。
 第2セット、序盤からイゴール、高松のスパイクで豊田合成が終始リードを保つ。終盤パンソニックはダンチのスパイクで1点差に詰め寄るも、イゴールの9得点の活躍で豊田合成が連取した。
 第3セット、JTはイゴールのスパイクで、4連続得点を決める。対するパナソニックも清水、ダンチがスパイクを決め、逆転に成功。終盤に豊田合成のミスが続き、パナソニックが第3セットを奪い返した。
 第4セット、序盤豊田合成はミスが続き4点差をつけられる。その後も清水、ダンチのスパイクで点差を広げ、パナソニックが第4セットを取り、セットカウントを2-2とした。
 第5セット、清水、イゴールの打ち合いとなったが、終盤、清水がスパイクを打ちきり、パナソニックがこの試合を勝利した。
 パナソニックは、清水の地元福井で初のホームゲームを劇的な2連勝を飾り、V・ファイナルステージに向けていい流れを作ることができた。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 森本 隆博