V・プレミアリーグ男子 2015/16 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
174
[開催日]
2016/01/31
[会場]
墨田区総合体育館
[観客数]
2,000
[開始時間]
15:55
[終了時間]
17:22
[試合時間]
1:27
[主審]
高橋 宏明
[副審]
大塚 達也

ジェイテクトSTINGS

監督: 増成 一志
コーチ: 豊田 昇平
通算ポイント: 28
通算: 10勝9敗
0

ポイント
0
19 第1セット
【0:25】
25 3

ポイント
3
18 第2セット
【0:24】
25
26 第3セット
【0:32】
28
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

東レアローズ

監督: 小林 敦
コーチ: 篠田 歩
通算ポイント: 39
通算: 13勝6敗

( )内は交代選手

監督コメント

 今日の試合は、全てのプレーにおいて精度が悪かった。相手の粘り強いプレーに対して、自分達でミスを出してしまい、攻撃も単調であった。
 チームとして、一人ひとりが何をすべきか考え、しっかりと修正を行いレギュラーラウンド残り2試合を戦います。
 本日も、沢山の声援をありがとうございました。

19 金丸
()
カジースキ
()
富松
(大木)
星野
(井手)
25
高橋(慎)
(清野)
古田
(久保山)
ジョルジェフ
()
藤井
()
高橋(和)
()
辰巳
()
鈴木
()

()
本間 リベロ 渡辺
18 金丸
()
カジースキ
()
富松
(大木)
星野
()
25
高橋(慎)
()
古田
()
ジョルジェフ
()
藤井
()
高橋(和)
()
辰巳
()
鈴木
()

()
本間 リベロ 渡辺
26 金丸
()
カジースキ
()
富松
(大木)
星野
(井手)
28
高橋(慎)
()
古田
()
ジョルジェフ
()
藤井
(伏見)
高橋(和)
(角田)
廣瀬
(清野)
鈴木
()

()
本間 リベロ 渡辺

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 今日の試合は、スタートから集中して、質の高いバレーを実践する事ができた。第3セットは、非常に難しい展開となったが、持ち味の粘り強さが発揮され、勝ちきることができたことは、今後への良いステップとなる。
 レギュラーラウンド残り2試合も集中力を切らすことなく戦い、プレーオフへと繋げていきたい。
 本日も、沢山の応援ありがとうございました。

要約レポート

 昨日の勝利でファイナル6進出を決めたジェイテクトSTINGSと、東レアローズの一戦。
 第1セット、東レは李、星野のサーブで相手を崩し得点をあげる。その後も藤井、ジョルジェフのブロック、スパイク、大木のサーブでリードをひろげ、東レがセットを先取する。
 第2セット、東レは鈴木のサーブで4連続得点をあげてリードし、富松がスパイク、ブロックで得点しリードをひろげる。ジェイテクトは辰巳、古田のサーブで崩し追撃する。しかし、東レは星野、大木のサーブや、藤井が乱れたレシーブをカバーし得点につなげ、セットを連取する。
 第3セット、ジェイテクトはカジースキのサーブでリードすると、東レは鈴木のサーブで取り返す。終盤に入っても、ジェイテクトが高橋(和)のスパイクで抜け出すと、東レが藤井のブロック、李のサーブで追いつく。再度、ジェイテクトが高橋(和)のサービスエースでセットポイントを取ると、東レは富松がブロックしデュースに持ち込み、ジョルジェフのサーブから鈴木が連続ブロックポイントをあげて勝利し、レギュラーラウンド2位以上が確定した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 高澤 佳江